武蔵 山本KID徳郁さん悼む「ゆっくり休んでくれ。また会おう」

武蔵 山本KID徳郁さん悼む「ゆっくり休んでくれ。また会おう」

格闘家・武蔵(45)が18日、自身のインスタグラムを更新し、同日41歳の若さで亡くなった山本KID徳郁さんを追悼した。

偶然にも山本さんが主宰するジム「KrazyBee」に向かっているときに訃報を知ったという武蔵は、山本さんとに出会いについて「佐藤ルミナくんからの紹介で彼がまだ20代前半の頃だったと思います。まだ無名だったけど怖いくらいにギラギラしててオーラがあったな」と振り返った。

そして「『ジムオープンするんで是非使ってください』と声をかけてくれてから、その言葉に甘えてずっとYSA(山本スポーツアカデミー)にトレーニングに行かせてもらっている。その感謝の意を伝えることもできないまま逝ってしまった」とつづり、「いつもの通りジムに行けば会えるし、いつか言いたいと思ってたけどこんなことになるなんて。『明日ジムに行ったらおるんちゃうかな?』まだそんな気分です。KID、ゆっくり休んでくれ。俺もそのうち会いに行くからさ。また会おう。KIDのご家族、関係者、ファンの皆様に心よりお悔やみ申し上げます」と悼んだ。

山本KID徳郁さんは自身のインスタグラムでがん闘病中であることを8月26日に公表していた。

魔裟斗“盟友”KIDさんの死悼む「大事な仲間が逝ってしまった」

総合格闘家の山本“KID”徳郁さんが18日、死去した。41歳。KIDさんが率いた「KRAZY BEE・スポーツジムYSA」の公式ツイッターが報告した。かつて名勝負を繰り広げた元K―1MAX世界王者の魔裟斗(39)が同日、自身のインスタグラムを更新。“盟友”の死を悼んだ。

KIDさんと魔裟斗は2004年の大みそかに初対戦し、ダウンを奪い合う激戦の末に魔裟斗が判定勝ちを収めた。それから11年後の15年大みそかには魔裟斗が一夜限りで現役復帰し、KIDさんと対峙。再び魔裟斗が判定勝ちし、試合後はKIDさんが「また10年後」と“再戦”を希望していた。

魔裟斗は15年大みそかの対戦後に健闘を称え合う写真や、KIDさんが試合前に精神統一する写真4枚を添えて「先ほどKIDの悲報を知りました 2004年大晦日に対戦して以来 格闘技界を一緒に盛り上げてきた大事な仲間が逝ってしまった」と悲しみのコメント。

続けて「公園で偶然会った時にはリングとは違う優しい顔でお子さんと遊んでいた姿が印象的でした 2015年に対戦した時には試合終了後に『また10年後に!』と言っていたのにとても残念です 心よりご冥福をお祈りいたします」と思いをつづった。

魔裟斗は8月下旬にKIDさんが、がん闘病中であることを公表した時にも「2015年に対戦した際の画像をアップし、「どんな相手にも小さな身体で立ち向かっていったファイティングスピリットで今回も勝つことを祈っています 負けるな! 魔裟斗」とエールを送っていた。

KIDさんの元夫人 MALIA悲痛「頭も心も整理がつきません」

総合格闘家の山本“KID”徳郁さんが18日、死去した。41歳。KIDさんが率いた「KRAZY BEE・スポーツジムYSA」の公式ツイッターが報告した。

山本さんの元夫人でモデルのMALIA.(35)が所属事務所を通じてコメントを発表。「急なことに頭も心も整理がつきません」と言葉を詰まらせた。

MALIA.は04年にKIDさんと再婚して1男1女をもうけたが、09年に離婚した。その後、KIDさんは14年に一般女性と結婚。同年11月に3人目となる女児、17年8月に4人目となる女児が誕生した。

山本KID徳郁さん死去に格闘界が衝撃…秋山成勲「一生忘れません」武尊「勇気貰いました」

がん闘病を公表していた元レスリング選手の山本KID徳郁さんが、18日に41歳で死去した。突然の訃報を受け、総合格闘家の秋山成勲(43)が「一生忘れません」とツイートするなど格闘界に大きな衝撃が走った。

親交のあった秋山は「KIDくん。あなたと一緒に戦った事。あなたと一緒に練習した事。あなたと一緒に仕事をした事。あなたと一緒に笑った事。一生忘れません。安らかにお休みください」と追悼。「RIZIN」に参戦している那須川天心(20)はツイッターで「KID選手。お会いした時に日本の格闘技盛り上げてよ、君なら行けるよと言ってくださいました」と明かし、「絶対盛り上げます。ありがとうございました」とつづった。

K―1史上初の3階級制覇を果たした武尊(27)はツイッターに山本さんとのツーショットを公開。「KIDさん日本の格闘技を盛り上げてくれて本当にありがとうございます。自分より大きい選手を倒していく姿に体の小さかった僕はたくさん勇気貰いました」と感謝した上で、「これから引き継いでもっと盛り上げていきます。天国でゆっくり休んでください。ありがとうございました」と記した。

また、プロレスラーの鈴木みのる(50)は「ごくショックだ。。。ご冥福をお祈りします。。。おつかれさま」、WWEで活躍する中邑真輔(38)は「It’s heartbreaking…♯RIP Norifumi“KID”Yamamoto ご冥福をお祈りいたします」とツイート。長島☆自演乙☆雄一郎(34)は「訃報すぎた。格闘技を超メジャーにしてくれたkidさん。ご冥福をお祈りいたします。なんも言われん。ただただ残念」と悼んだ。

高田延彦 山本KIDさん死去に「早過ぎるよ!若過ぎるよ!」

がん闘病を公表していた元レスリング選手の山本KID徳郁さんが、18日に41歳の若さで亡くなったことを受け、プロレスラーの高田延彦(56)がコメントを発表した。

 高田は「早過ぎるよ!若過ぎるよ!神の子山本KID徳郁が旅立った。戦うことの素晴らしさ、面白さ、尊さを世に知らしめた大功労者が最期まで戦い抜いて旅立った。もう二度と戦う必要はない。静かに安らかに眠ってください。そして山本ファミリーの太陽だった君が、これからもずっと残された家族や兄妹を、そして格闘技界を照らし続けてください。みんなに愛されたあなたは唯一無二のファイターでした。冥福を祈ります。残念無念」と悼んだ。

ハチミツ二郎、KIDさん訃報への心無い投稿に怒り「どうゆう生き方したらそんなこと書けんだ」

お笑いコンビ「東京ダイナマイト」のハチミツ二郎(43)が18日、総合格闘家の山本“KID”徳郁さんの訃報を扱った記事についての匿名投稿に対して怒りのツイートをした。

訃報は山本さんが率いた「KRAZY BEE・スポーツジムYSA」の公式ツイッターが「山本KID徳郁を応援して下さった皆様へ」とのタイトルで「山本KID徳郁(享年41歳6ヶ月)が、本日9月18日に逝去致しました。生前に応援、ご支援をして頂きました関係各位、ファンの皆様に本人に変わり御礼申しげます」と伝えた。

訃報を受け、KIDさんと親交のあるアスリートからは追悼の声があふれたが、ネットニュースの投稿欄には心無いコメントがあり、ハチミツは自身のツイッターで「山本KID徳郁さんが亡くなられた。ニュースですぐに記事を見たら『試合も弱く ガンにも負けた』だなんだって書いてるコメント欄のコメントが目に入った。どうゆう生き方して来たらそんなこと書けんだ?クソ野郎 そろそろ匿名顔無しだからってクソみたいなこと書き込むのやめろよ」と一部の投稿を批判した。

谷川貞治氏、KIDさん悼む「言葉にならないほどショックです」 元K―1イベントプロデューサー

元K―1イベントプロデューサーの谷川貞治氏(56)は18日、山本KID徳郁さんが死去したことについて「言葉にならないほどショックです。大変、残念に思います」と悼んだ。

谷川さんは2002年ごろ、総合格闘技「修斗」の会場に五味隆典(39)の試合を視察しようと、足を運んだところ、偶然、山本さんの試合が目に留まったという。「まるで、ヒョウか、トラのよう。“全身発光体”のような光り輝くオーラを放っていた」。谷川さんは山本さんと交渉し、04年2月にK―1デビュー。その後、中量級総合格闘技「HERO’S」も新設され、立ち技、総合ともに活躍した。「ヒーローズは彼のために作った大会です。(K―1の)魔裟斗ともルール―を超えて試合をしたり、本当に思い出深い選手でした」と語った。

ここ数年は疎遠だったが、「時代」をともに創った戦友だった。「彼とは本当に波長が合った。試合運営などについてもいろいろ意見をくれたし、相談したり…。(2000年に)アンディ・フグ選手も35歳の若さで亡くなりました。ガンで闘病中だったと聞いていましたが、いつかカムバックして欲しかったですね。謹んでご冥福をお祈りいたします」と話した。

山本KID徳郁さん死去 義弟のダルビッシュもリツイートで哀しみ報告

総合格闘家の山本“KID”徳郁氏が、18日、亡くなった。41歳だった。山本氏が所属するKRAZY BEEのオフィシャルツイッターで明かされた。この早すぎる死に、義理の弟となる米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手も、死去を知らせるツイッターをリツイート。レスリング仲間の吉田沙保里もすぐに反応した。

ダルビッシュの妻は、山本氏の妹の聖子さん。山本氏の姉の美憂さんとともにレスリング世界女王にも輝くレスリング一家だった。聖子さんは12日にツイッターを更新して以降、18日午後1時現在、更新はないが、夫のダルビッシュが代わって山本さんの死去を伝える事務所のツイッターをリツイートし、多くの人に訃報を伝えた。

また同じくレスリング仲間の吉田沙保里もツイッターを即更新。「KIDさん、早すぎるよー!お別れも出来ず残念でなりません。心からご冥福をお祈りします」とつぶやいた。

KIDさん死去 芸能界からも悲しみの声 綾小路翔「同世代のリアルヒーロー」

総合格闘家山本“KID”徳郁さんが18日、死去した。41歳。山本さんが率いた「KRAZY BEE・スポーツジムYSA」の公式ツイッターが報告した。衝撃的なニュースに格闘技界だけでなく、芸能界からも悲しみの声が相次いだ。

氣志團綾小路翔(42)は自身のツイッターで「山本KID君の訃報に愕然。同世代のリアルヒーロー。大ファンだった」とコメント。

「直接の面識はなかったのだけれど、真夜中の渋谷でクレイジービー軍団と氣志團がすれ違った際、“氣志團~ッ!”と親指を立てて声を掛けてくれた事がとても嬉しかった。沢山の勇気をありがとう。どうか、どうか安らかにお眠り下さい」とKIDさんとの思い出を振り返り、天国へ旅立った“神の子”に追悼メッセージを送った。

ヒップホップ・アーティストのZeebra(47)も「R.I.P.KID…やっぱ闘い方が最高にカッコ良かったよ。日本のストリートの誇りです。寂しいね…」と悼んだ。

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。