伊調馨 へのパワハラ 栄和人認める

伊調馨 へのパワハラ 栄和人認める

つい先日、ブログにて青森県八戸市出身の伊調馨(いちょうかおり)選手に対するパワハラが認定される方向へ大きく動きましたね。

八戸市 伊調馨(いちょうかおり)選手

日本レスリング協会は6日、都内で臨時理事会を開催したそうです。

五輪4連覇で国民栄誉賞も授与されている伊調馨(33=ALSOK)に対するパワハラ問題で、同協会は栄和人(57)が選手強化本部長の職を辞任すると発表したそうです。

同協会は、伊調と伊調のコーチだった田南部力氏から、栄氏が地位を利用して田南部氏に指導をやめるように命じ、従わなかった同氏を脅したほか、伊調が練習場所としていた施設に出入りできないように圧力をかけるなどのパワーハラスメントを受けたとする告発状が内閣府に提出されたことを受け、弁護士3人で構成される第三者機関を設置し、同機関は伊調、栄氏らへの聞き取りを終え、協会側は5日に説明を受けたが、当初は栄氏、日本協会はともに告発内容を否定していたました。

報告書では、栄氏が日本代表合宿に参加した伊調に対して「よく俺の前でレスリングができるな」と発言するなど、複数件をパワーハラスメントとして認定したようです。

また同選手が出場しなかった2010年アジア大会(中国・広州)の選手選考についても問題を指摘しているといいます。

林芳正文部科学相は6日の閣議後の記者会見で、報告書の内容までは把握していないとした上で「仮にもしパワハラの事実があったということであれば、協会において速やかに適切な対応を取られるものと考えている」とお話しされていました。

今日は、様々なニュースでこの話題で持ちきりです。

パワハラは恐らくあったのでしょう、とお話しされている方も多くいらっしゃいましたが、それは恐らくその時代の中ではあったのだと思います。

私は比較的こだわりがない(いい意味で)ため、人に対して求めないことも多いためパワハラはしていないと思っていますが、受け手側がどのように感じているか?と言うのが現在の風潮です。

宝塚市長も先どお話しされていましたが、伝統は守るべきであるが、変わることも必要である。

そのとおりだと思います。

岡山県時代に比べ、私の気持ちはとても楽になりました。

恐らく、岡山県においてはまだ大変な状況で同僚が働いています。

様々な問題が起きていましたから・・・。

でも、きっと皆の力で乗り越えられるものと考えています。

パワハラはあってはなりません。

私はパワハラを受けたことは当然あります。

ただ、それを公表すかどうかはわかりません。(公表しなくて済む事を祈ります)

ただ、これ以上人を傷付けるのであればその限りではありません。

パワハラを自覚しながら、発覚しないように行動できていると思っている人がいました。

その方は最後にニヤリとしながら話しかけてきましたが。(笑)

心がないため、私にその言葉は届きませんでしたが、私でない人であれば傷付く言葉だったと思います。

誰もが私のように強くありません。

H.S O.O この二人は人の人生を狂わしている元凶です。

まずは、今は自分が受けた事を第三者にしない、これを心の基本行動として、毎日を過ごしたいと思います。

まずは、応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック

人気ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。