陸奥八仙 (むつはっせん)

陸奥八仙 (むつはっせん)

こんにちは。

今週は懇親会が多い週でしたが、木曜日に青森県の日本酒「陸奥八仙 (むつはっせん)」をいただきました。

陸奥八仙 (むつはっせん)の特徴

安永4年(1775)創業の老舗で、地元の漁師町で愛され続けている辛口酒「陸奥男山」で知られる日本酒のようです。

「陸奥八仙」は9代目にあたる長男の駒井秀介さんと、弟の伸介さん二人が中心となって打ち出した、青森の米、水、酵母を使い、なめらかな口当たりとみずみずしい甘さ、キレのある後味などを実現しています。

「陸奥八仙 特別純米 赤ラベル」は、入門の一本に相応しい。芳醇旨口タイプで、冷やしていただきたい。魚介類との相性はばつぐんで、ウニや帆立のほか、鍋料理に合わせると美味そうですね。

陸奥八仙 (むつはっせん)の感想

すっきりして飲みやすく、フルーティーで美味しいです。

少し軽い印象もあり、しつこくなく日本酒初心者でも飲める味だと思います。

地元の方も、やっぱりこれでしょ!と言いながら酔っ払っていました。(笑)

また、美味しいお酒がありましたら、共有させていただきますね♪

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。