所得税控除見直しについて

こんにちは。

掲題の件について、皆さんはどう思われていらっしゃるでしょうか?

2018年度の税制改正で所得税控除が見直され、ビジネスパーソンの一部は増税となります。

「働き方の多様化を踏まえ、給与所得者に有利な点が是正された」と税理士の方が解説していました。

控除は収入から所定の金額を差し引くことで、課税対象額が減り、税額が安くなる仕組みなのは皆さんご存知だと思います。

原稿の、給与所得控除額は最低65万円で、給与の増加につれて増え、年収1000万超は220万円が上限となっています。

改正案では一律10万円ずつ控除額が減り、年収850万円超は195万円で頭打ちになります。

一部対象外はあるようですけど。

一方、全納税者が対象となる基礎控除は現状の38万円から48万円に増えます。

ただ、課税所得2400万円超から段階的に縮小し、2500万円超で控除がゼロになります。

結局、今回の改正で、年収850万円以下の会社員は税負担が変わらないのですが、年収1000万円だと年間45000円の増税になります。

また、多額の副収入のある年金所得者も増税の対象となります。

逆に減税となるのは自営業者や請負契約で働く人などで、「基礎控除の増税」と言う有利な影響しか受けません。

高所得者狙い撃ちをすると、労働意欲の現象になるとコメントしていましたが、個人的には1000万超は高所得者ではなく、もっと累進課税を進めて10億、20億の所得を得ている人からごっそり取るべきだと思います。(使い切れませんから)

まず、サラリーマンの皆さんが今行うべきことは以下の通りだと考えています。

そう、「固定費の見直し」です。

家計改善の第一歩は支出を減らすことですが、注目すべき費目は限られています。

影響の大きい費目をバサッとカットする方が、細々した節約を積み重ねるより効果があります。

多くの家庭に共通する「3大固定費」は以下の通り。

・住宅 →私は賃貸です

・自動車 →私はレンタカー生活です

・保険 →私の入っている保険は最低限にしていますので毎月数千円です

貯金が100万円以上あれば、医療保険は不要と考えています(先進医療はリンククロスで補完する前提)

もちろん節約ばかりで人生を楽しめなくなっては本末転倒です。

自分の軸を持ち、見直しをしていただければと思います。

欲しいものを我慢すると辛いですが、無駄な出費って結構ありますよね。

年末になりますので、不要なものを断捨離してはいかがでしょうか?

メルカリを使えば、不要なものを簡単に売却できますよ!

参考になれば幸いです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。