ふくろう 梟 不苦労

ふくろう 梟 不苦労

ふくろう 梟 不苦労

フクロウ(梟、鴞、Strix uralensis)は、鳥綱フクロウ目フクロウ科フクロウ属に分類される鳥類。

夜行性であるため人目に触れる機会は少ないが、その知名度は高く、「森の物知り博士」、「森の哲学者」などとして人間に親しまれている。木の枝で待ち伏せて音もなく飛び、獲物に飛び掛かることから「森の忍者」と称されることがある

苦労知らずの人生を過ごすことができる縁起の良い象徴【フクロウ(梟)】

人生を輝かせるためには、やはり、縁起も大事です。

東洋・西洋を通じて縁起の良い鳥・知恵の象徴として知られているのが、フクロウ(梟)です。

このフクロウは、日本において昔から

「不苦労」   = 苦労しない、難を逃れる。

「福来郎、福籠」= 福が訪れる

「福老、富来老」= 豊かに年をとる

「福路」    = 旅の安全、人生の幸福

などの読み方で、幸福を招くと言われています。

また、西洋でもギリシャ神話では女神アテナの使い、ローマ神話ではミネルヴァの使いとして「知恵・文芸の神様」と崇められており、学生や受験生のお守りとしても人気のようです。

特徴的な大きな目で暗闇を見通すことができ、首も回転して周囲を見渡せることから、
幸運を見逃さず、邪悪なものは退ける魔除けの象徴としても知られています。

さらに、フクロウは、幸福を呼び込み、将来を見通して道を切り開くだけでなく、
知恵・文芸を司る意味も持つため、

・幸運を呼び込みたいとき

・幸せな人生を送りたいとき

・苦労や困難を回避したいとき

・お守りとして身につけたいとき

・学業・受験のお守りとして

崇められているそうです。

家庭円満もあるようですね!

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。