IPHONE おやすみモードの活用方法

IPHONE おやすみモードの活用方法

今日は休日をいただいていますので自己研鑽をしています。

日頃頭の中にあることをアウトプットする時間として有意義に使うことが多いです。

こんな日はゆっくり過ごしたいのですが、会社携帯を保持していますので、事前に関係者へおやすみを通知していても携帯へ連絡が入ることが多いです。

この点が営業の残念なところです。

本当は退社時に会社へ携帯電話を置いて帰るのがルールだったと記憶していますが、働き方の多様化の結果、持ち帰りも可能となりました。

携帯電話って利用する側からすると便利な反面、かかってくる側としては不便なことも多いです。

プライベートでは外出先で連絡が取れますし、外出先で歩きながら電話することも可能です。

以前は固定電話しかありませんでしたので、外出先では良く「伝言板」を活用したものです(懐かしい・・・)

こと仕事においては、携帯電話に着信があると、掛け直さないといけない暗黙のルールがあると思います。

会社携帯は「IPHONE」なのですが、最近はお休み中は携帯電話を「おやすみモード」にするようにしています。

IPHONE「おやすみモード」のメリットについて

おやすみモードに設定をすると、電話の着信を行わず、インターネット通信のみ可能となります。

そのため、電話を拒否し、メールサービスのみ使用することが可能になります。

会社のメールは携帯で見ることが出来ますし、真に必要な事項はメールをしていただくように依頼をしておけば、時間のあるときに対応することも可能です。

電話だと、相手のペースに巻き込まれてしまいます。

電話は私の中では「迷惑な連絡手段」になりつつあります。

最近は若い方を中心に日常的な連絡手段に電話を使う人が減ってきているそうです。

以前は固定電話をお持ちの家庭はとても多かったと思います。

私も小さい頃は黒電話でした(懐かしい)

ただ、今は仕事上ご契約いただく方々の連絡先は固定電話ではなく携帯電話が圧倒的に多くなってきています。

個人単位で連絡先を持つ時代になったのだと思います。

しかしながら、その携帯電話に連絡を取ろうとしもコンタクトが取れないことが多いようにも感じます。

最近はITの発展により隙間時間の活用がしやすくなりました。

私が使っているMacBookも起動時間がものすごく早く携帯電話のような使い勝手です。

場所も机さえあれば、そこで色々なことが出来ます。

電話は他人の時間に一方的に割り込む迷惑な存在となってきているのではないかと思います。

親しい人との連絡は例外ですが。

ビジネスではメールの方が、双方の時間を有効に奪うことが無いと思います。

チャットやラインなどのメール以外のツールもありますが、便利にし過ぎると、迷惑なツールになり得るため、何事もほどほどが重要ですよね。(既読通知など)

ドイツはサービス砂漠と言われています。

ドイツでは、サービスは対価を払わなければならないため、全部自分でやるそうです。

行ったことがないので本当か分かりませんが、ネットや書籍で見るとそのように書いてあります。

その代わり、サービス競争がないため、サービスに関わる時間が不要ですので、早く帰れ余暇も取りやすいとのこと。

私も値段に転嫁いただければ過剰なサービスは不要ですので、ドイツ的思考を持っていきたいと思うのですが、極端だと日本人受けが悪くなりますので、程よく取り込みたいと思います。

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。