大阪に到着しました

こんにちは。

連休二日目、レンタカーにて大阪へ到着致しました。これから、投資物件をチェックしてきます。

ホテルですが、なかなか綺麗でサービスも良さそうです。大阪にお寄りの際はご利用いかがでしょうか?

<a href=”https://www.thehotel.co.jp/jp/arietta_osaka/”>アリエッタホテル大阪</a>

ホテルを出て、物件Aへ向かいました。

ホテルから徒歩25分くらいで、阿波座駅近くに着きました。

物件の視察をしましたが、なかなか良い感じです。

タイミング悪く大規模修繕を始めていたので、外観はみれませんでしたが、中はかなり綺麗でした^^

空き部屋も無いので安心です。

その後、株式会社GA technologies大阪支社へお伺いし、担当の横田椋さんと打ち合わせを行いました。

大阪の新着物件や、大阪の不動産情報について教えていただきました。

担当の横田椋さんも2物件購入されたとのことで、その物件についても教えていただきました。

やはり、自社物件を購入できるというのは、自信があるからでしょうか。

お互いの物件の話で盛り上がり、あっという間の1時間でした。

大阪も超高層マンションが結構ありビックリしました。

JR「大阪」駅北口の旧「梅田貨物駅」跡地で行われている再開発は、2013(平成25)年に先行開発区域の「グランフロント大阪」がオープンし、話題を集めたみたいです。
「うめきた2期」のまちづくりのコンセプトはみどりとイノベーションの融合拠点とのこと。
エリア全体に緑を配置し、4.5ヘクタール規模の都市公園を整備する方針でした。
さらに健康・医療、環境・エネルギーなど新しい産業創出、国際交流の場づくり、知的人材育成の拠点などを誘致することになっています。
この方針に基づき、2013(平成25)年には民間から開発計画の提案を募集し始め、その結果、20者が優秀な提案とされ、2017(平成29)年にこの中から提案の2次募集が行われました。
まちびらきは2022年頃から順次行われ、2026年の事業完了を目指しています。
また、JR東海道線支線の地下化により、「大阪」駅北口から「うめきた2期」を経由して「梅田スカイビル」方面への道路が整備され、「うめきた2期」の西側でも開発が進みそうです。
「うめきた2期」再開発計画では、エリア内を通過するJR東海道線支線の地下化工事と、新駅設置の工事も行われています。JR東海道線支線は「京都」駅や「新大阪」駅と「関西空港」駅を結ぶ特急はるか号や「白浜」駅、「新宮」駅方面に向かう特急くろしお号が走る線路です。
2023年春の地下化完成後には「大阪」駅の西口広場に新駅(仮称:北梅田)が設けられ、特急はるか号や特急くろしお号も停車します。現在、1時間程度かかっている「大阪」駅と「関西国際空港」までの所要時間は、新駅を利用した場合約20分程度短縮される見込みです。
また、新駅(仮称:北梅田)は2031年春に開業予定のなにわ筋線の始発駅にもなります。なにわ筋線は「JR難波」駅と南海「新今宮」駅に向かう新線であり、これらが完成すれば「関西国際空港」方面へのアクセスはさらに便利になります。
まだまだ、大阪は発展していきそうですね!
人気ブログランキング

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。