ほっと一息レストラン穂 叉焼麺(しお)

ほっと一息レストラン穂 叉焼麺(しお)<リンク

こんにちは。

北海道旅行2日目は苫小牧〜稚内への道のりを記録します。

1日目はこちら(リンク)(リンク)(リンク)(リンク)(リンク

朝食から稚内への出発

お世話になっているホテルはこちら、ドーミーイン苫小牧です。

天然温泉があり「樽前の湯」は最高でした。

朝食会場はこちらへ!と案内があります。

そんなに混み合っておらず、比較的まだ空いています♪

コーヒーも無料ですね!朝コーヒーは美味しいです。

このタイプのコーヒーは美味しいんですよね♪

出発の時にもう一杯いただきます(蓋つけて)

駐車場は隣接されているので安心です!一泊600円とリーズナブル!

行って来ます!

稚内への道の途中で (道の駅 田園の里 うりゅう)

400キロ近くのドライブになりますので、道中、ランチにこちらの道の駅へ寄らせていただきました。

中々周囲に食事どころがなく、いよいよセイコーマートにお世話になるところでしたが、こちらを発見しました!

トイレ休憩も兼ねて奥へ進むと!

ありました!

ほっと一息レストラン穂

お米が有名なようですが、ラーメンをいただきました(笑)

しおラーメンですが、とても工夫が凝らされています♪

チャーシューは柔らかく、塩っ気も少なく、手作り感があります。

家の叉焼の味がします(ちなみに母の誕生日でした)

メンマは本格的で手作り感があります。

どちらも道の駅で販売されているかのような味が・・・。

麺もお米が練りこまれていると思います。美味しいです。

しおは沖縄のマースを使用しており、これまた美味しいです。

いや、近くにあったらリピート確定!器もオシャレで、多くの方がラーメンを食べていました。

宜しければ、道の駅でこれほどクオリティの高いラーメンが食べれる「うりゅう」へ来て見てはいかがでしょうか?

アップでもう一枚!

さーって、稚内まで残り半分!頑張るぞ!

(道の駅のご案内:公式HP抜粋

特産品直売施設

雨竜町の新鮮・取れたての農産物や山菜などを販売、四季折々の農産物を生産者が直接出荷しています。春は山菜、夏はスイカ・とうもろこし・野菜全般、秋は漬物用野菜、冬は豆類と旬の農産物が販売されています。
詳しくはこちら

雨竜沼自然館

雨竜沼自然館には、自然写真家岡本洋典氏が30年に及ぶ年月を費やし 撮影して来た膨大な作品の中から、代表的な作品約130点を展示しています。 どの作品にも解り易い解説が付いていますので、一巡する事で雨竜沼湿原の 四季の経過を理解する事が出来ます。
詳しくはこちら

辻井京雲ギャラリー 墨響

日本を代表する書家であり雨竜町出身の辻井京雲(けいうん)氏の作品を常設展示するギャラリー「墨響」。 白と黒と、筆の躍動がおりなす“墨の響き”をお楽しみください。
詳しくはこちら

あいす館

雨竜米を使用した雨竜米アイスが一番人気、期間限定取れたてメロンの果肉を使用したメロンアイス。高級ソフトクリームのクレミアもおすすめです。
詳しくはこちら

鈴木かまぼこ店

揚げたてアツアツのてんぷらかまぼこを販売、てんぷらかまぼこと雨竜米の絶妙な 組合せをご賞味下さい。この組合せは全国初?
他にも色々な種類を用意しております。
詳しくはこちら

やきとり倶楽部

ひと串ひと串ていねいに生肉を刺し、炭火でジューシーに焼き上げた焼き鳥やおにぎりをテイクアウトサービス。肉の焼ける匂いについつい吸い寄せらて頬張って納得の一品をお届けします。【ご予約専用ダイヤル】090-7652-2064
 詳しくはこちら

ほっと一息レストラン「穂」

使用しているお米はもちろん、うりゅう米です。季節に応じた雨竜町産の野菜を使って、ラーメンや定食などを提供しています。
詳しくはこちら ※外部サイト

一つ前の記事へ(リンク)

次の記事へ(リンク)

#ほっと一息レストラン穂 #しお #ラーメン #道の駅 #うりゅう #お米 #米ソフト

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。