全日空パリ支店長 酔って乗客にけが 機内でワイン6杯 諭旨解雇処分

全日空パリ支店長 酔って乗客にけが 機内でワイン6杯 諭旨解雇処分

こんにちは。

今日は台風25号により、全国的に影響が出ていますよね

知人が青森に飛行機できますので、飛ぶことを祈ります。

さて、飛行機の運航状況を調べようと思ったところ、かなり衝撃のニュースが。。

全日空のパリ支店長だった男性(52)が日本行きの同社便に乗っていた際、酒に酔って、近くにいた乗客にけがをさせたなどとして、同社は5日、男性を諭旨解雇処分にしたと発表した。

 
全日空によると、男性は10月3日午前7時40分ごろ、パリ発羽田行きの全日空216便の機内で、近くにいた乗客の50代女性に頸椎(けいつい)捻挫のけがをさせた。

男性は機内でワインをグラス6杯飲んでおり、酔った状態だったという。

男性はブリュッセル支店長も兼務する管理職だった。当時は出張目的で同社便に乗っており、ビジネスクラスを利用していた。

 全日空はこの問題を受け、平子裕志社長と片野坂真哉会長の役員報酬を20%減額(1カ月)とした。また、全日空グループの社員について、当面の間空港ラウンジやグループ便の機内での飲酒を禁止した。 

飲み過ぎは良くないですよね・・・。

更に、ホームページを見ると以下のようなリリース。

良く分かりません・・・。

何のためのリリースか、もはや分かりませんよね。

ANA元社員に関するお詫び(リンク

 10月2日パリ発羽田行ANA216便において、弊社元社員が機内で隣席のお客様にご迷惑をおかけする事象を起こしました。
 当該のお客様をはじめ、ご搭乗のお客様ならびに関係の皆様に、多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます。

 弊社といたしましては、本事象を重く受け止め、当該元社員に対して厳正なる処分を行いました。
 また、全役職員に対するコンプライアンスの徹底、教育を一層強化するなど、再発防止に努めてまいります。

2018年10月5日
全日本空輸株式会社
代表取締役社長 平子 裕志

元社員を強調していますが・・・・。

HPトップへ

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。