クロフォード 12回TKOで初防衛 “高速右フック”でベナビデス撃破

クロフォード 12回TKOで初防衛 “高速右フック”でベナビデス撃破

こんばんは。

クロフォード選手の試合前乱闘(リンク)は驚きでしたが、順当にチャンピオンが防衛したようです。

◇ボクシングWBO世界ウエルター級タイトルマッチ12回戦 王者・テレンス・クロフォード―同級10位ホセ・ベナビデス(2018年10月13日 米ネブラスカ州オマハ)

【写真】リングに転がるベナビデスをドヤ顔で見下ろすクロフォード

ボクシングのWBO世界ウエルター級タイトルマッチ12回戦が13日、米ネブラスカ州オマハで行われ、米専門誌リング、米スポーツ専門局ESPNともにパウンド・フォー・パウンド(PFP、全階級を通じての最強ランキング)2位にランクされるテレンス・クロフォード(31=米国)が12回2分42秒TKO勝利で、6月に獲得した王座の初防衛に成功しました。

3階級制覇王者のクロフォードは34戦全勝(25KO)、同級10位ホセ・ベナビデス(26=米国)はプロ初黒星で27勝(18KO)1敗となりました。

前日計量のフェースオフで両者は衝突。ベナビデスが両手で胸を突き、怒ったクロフォードが振り回した素手の高速右フックを、ベナビデスが鮮やかなスウェーでかわして話題を集め程ます。

試合は地元のクロフォードがジャブで試合をコントロールし、攻撃が単発なベナビデスに対し、クロフォードは中盤からボディーや右ストレート、フックが当たりだし、確実にダメージを与えていきました。

迎えた最終回、右アッパーの相打ちは速さでクロフォードが勝り、まともに食らったベナビデスがダウン。

起き上がった相手にクロフォードが右フックを浴びせ、ベナビデスがぐらついたところでレフェリーが試合をストップしました。

流石にパウンド・フォー・パウンド(PFP、全階級を通じての最強ランキング)2位ですね。

次戦も期待が集まります!

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。