2018.12.1 比嘉大吾 WBA・Sフライ級でランクイン

2018.12.1 比嘉大吾 WBA・Sフライ級でランクイン

比嘉大吾選手は今年4月にクリストファー・ロサレス選手(ニカラグア)を迎え3度目の防衛戦に臨んだが、前日計量で体重超過し失格しています。

王座剥奪となり、変則マッチで行われた試合も減量苦から本調子にはほど遠く、9回レフェリーストップで初黒星を喫したのが印象的ですね。

クリストファー・ロサレス選手はその後、覚醒し、五輪2冠(連続)銅で地元のパディ・バーンズ選手を(6戦目での世界戦)クリストファー・ロサレス選手が4ラウンドKO勝利のようです。

やはり相当強いですね。

さて、WBA(世界ボクシング協会)の最新ランキングが1日に発表され、前WBC世界フライ級王者の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)がSフライ級で6位にランクされました。

いよいよ階級を上げて本格復帰でしょうか。

楽しみです。

宜しければ、ホームページをご覧ください



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。