八戸から函館へは「海峡ゆったどきっぷ」を活用

八戸から函館へは「海峡ゆったどきっぷ」を活用

皆さんは「海峡ゆったどきっぷ」をご存知でしょうか。

私は全く知りませんでした。(笑)

八戸から青森へはこちらのWきっぷが便利ですので宜しければご覧ください。

 新幹線 W(ダブル)きっぷ(2枚つづり)について

さて、話は戻りまして「海峡ゆったどきっぷ」ですが、以下の内容となっています。

青い森鉄道と津軽海峡フェリーは、連携した企画きっぷ「海峡ゆったどきっぷ」を2018 年4月10日より販売開始します。

片道きっぷがセットで割引に

「海峡ゆったどきっぷ」は、青い森鉄道と津軽海峡フェリーの片道きっぷが、セットで割引になった企画きっぷです。気軽に津軽海峡を渡って「広く交流して頂くための選択肢の一つとして期待、開発された商品」とのことです。

商品名の「ゆったど」は「ゆっくり」の意味。青森県民には馴染みのある言葉です。

「海峡ゆったどきっぷ」の概要は以下の通りです。

■「海峡ゆったどきっぷ」の概要
○商品効力:青い森鉄道線の片道乗車券と津軽海峡フェリー片道乗船引換券がセットになった特別企画乗車乗船券
○利用区間:青い森鉄道(八戸駅・三沢駅・野辺地駅・浅虫温泉駅~青森駅)、津軽海峡フェリー(青森フェリーターミナル~函館フェリーターミナル)
○販売窓口:八戸駅、三沢駅、野辺地駅、浅虫温泉駅、青森駅、函館フェリーターミナル
○販売価格:
①八戸~函館 3,800円(1,900円)
②三沢~函館 3,400円(1,700円)
③野辺地~函館 2,800円(1,400円)
④浅虫温泉~函館 2,300円(1,150円)
※カッコは小児運賃。
※片道運賃です。往復運賃の設定はありません
○有効期間:利用開始日を含め3日間有効

ゆったどきっぷ
画像:青い森鉄道プレスリリース

八戸~函館間が15%割引

移動に要する所要時間は、八戸~函館間が約5時間30分(鉄道1時間30分、フェリー3時間40分)です。ただし、青森駅~青森フェリーターミナル間の移動時間は含みません。また、青森~青森フェリーターミナル間の移動に関わる運賃は、きっぷの価格に含まれていません。

きっぷを利用するには、事前に津軽海峡フェリーに電話をしフェリーを予約したうえで、上記販売窓口でセット券を購入します。

八戸発着の場合、通常価格は2,280円(鉄道)と2,220円(フェリー)の計4,500円ですから、約15%の割引となります。内容的に、主に地元住民向けのきっぷですが、観光客も活用できそうです。

どうでしょうか。

これを活用すれば、通常新幹線で八戸ー函館間は2時間、11,350円と比べ、時間はかかりますが、お安く旅をすることが可能です。

よーし!早速計画するぞ!!

2018年8月の記事です:北海道旅行 目次(INDEX)固定ページ

ブログトップページはこちら

お役立ち情報を多数掲載しています

私のダイエット遍歴はこちら

マクロ管理法ダイエットに今はハマっています、完全無欠コーヒーダイエットも参考に

私が取り組んでいる不動産投資はこちら

中古ワンルームマンション投資を2017年から取り組んでいます。不労所得でアーリーリタイアを目指します。

ドローンに興味のある方はこちら

手軽に購入できるようになったドローン、おすすめドローンを紹介しています



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。