感想 100万円以下の資金で夢ツカモウ! 「家賃収入」でセミリタイアして「世界1周」旅行に行く方法!

感想 100万円以下の資金で夢ツカモウ! 「家賃収入」でセミリタイアして「世界1周」旅行に行く方法!

こんにちは。

今月でめでたく41歳になりました。(笑)

多くの方に、祝っていただけたことがとても幸せでした。

歳をとる事を嫌がる人もいますが、私は一つまた成長できたと捉え、歳をとる事を前向きに受け止めたいと思います。

さて、今日ご紹介するのが掲題のとおり「とてもながーいタイトルの本」です。

私は不動産投資をしていますが、この作者の方も不動産投資をされています。

それも、かなりご自身が踏み込んで投資を行っていますので仕事も退職され、自由を獲得し世界一周された経験が記されています。

100万円以下の資金で夢ツカモウ! 「家賃収入」でセミリタイアして「世界1周」旅行に行く方法!を読んでみて

とても面白い本でした。

最近読んだマネー本、不動産投資本の中でピカイチです。

特に、高校卒業して工場勤務をし、地方在住と何処にでもいる方なのも共感できます。

現在は会社を退職され、今の若い方であればこの著者のようになれるような感覚も得ることができると思います。

私が共感できたのは、「時間はとても大事なものであるという部分」と「職場の仲間の誘いを断ることの重要性」です。

1点目の「時間はとても大事なものである」と言う点は、頭で分かっていても、実行できている人はとても少ないと思います。

著者の方は、サラリーマン時代も有給休暇は全て取得されていたそうです。

素晴らしいことです。

私が気付いたのはここ数年ですので、もっと早く気付くべきでした。

会社の休暇制度は「5日連続休暇」「4日健康休暇」「1日年末年始休暇」と10日は取得必須の休暇があり、それ以外に「23日の有給休暇」を取得する権利があります。

多くの方は、取得必須の10日を取るのがやっとで、23日の有給休暇には手をつけられていません。

とても勿体無いですよね。

私は本年度は23日の有給休暇を21日取得予定(あと少しでした、まだまだですね)ですので、有給休暇を取得していない人と比べると21日の差が生まれます。

21日と言うことは1ヶ月私はお休みをいただいているのと同様です。

また、有給休暇が取得できない人は、土日にも仕事をしていることが多く、更には平日も遅くまで残業している方が多いです。

私は、土日出社は無し、平日も8:30頃出社し、18:00には退社しています。

お昼はゆっくり1時間お休みをいただくようにしていますので、実働は8:30くらいでしょうか。

とても生活が豊かで、本を読んだり、勉強をしたり、音楽を聞く時間に当てることができます。

今度計算してみますが、1年間で同じ給与をいただいていても、働き方によって時給は大きく異なると言うことです。

私たちは時間(寿命)の対価として給与を得ているので、なるべく働く時間は短いに越したことはありません。

出来るならば、人生を輝かせるために仕事が不要なのであれば、仕事をしないと言う選択肢もあると思います。

話は戻りますがこの著者の方は、不労所得を得て会社を辞め、世界一周旅行を体験することで視野が広がった経験を記載していました。

2点目の「職場の仲間の誘いを断ることの重要性」も理解できます

著者の方は、パチンコ、釣りのお誘いなどがあり、中々抜けれなかったそうです。

納豆理論と言うのが印象に残りました。

自分を納豆の粒と例えると、粒が外に出ようとする(新しいことをしようとする)と、粘りが邪魔をすると言うことだそうです。

ただ、中にいるとそのまま腐ってしまう・・・。

私も会社の行事に以前は100%参加する優等生!?でしたが、今は本当に必要なものにのみ参加することにしています。

とても面白く、現実的な本です。

不労所得を得たい、会社を辞めたいと言う方は一読の価値ありですよ。

2018年8月の記事です:北海道旅行 目次(INDEX)固定ページ

ブログトップページはこちら

お役立ち情報を多数掲載しています

私のダイエット遍歴はこちら

マクロ管理法ダイエットに今はハマっています、完全無欠コーヒーダイエットも参考に

私が取り組んでいる不動産投資はこちら

中古ワンルームマンション投資を2017年から取り組んでいます。不労所得でアーリーリタイアを目指します。

ドローンに興味のある方はこちら

手軽に購入できるようになったドローン、おすすめドローンを紹介しています



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。