アーリーリタイア 家族の介護が必要になった場合

Pocket

アーリーリタイア 家族の介護が必要になった場合

こんばんは。

昨日から福岡県へ来ていますが、明日はいよいよテレワークを行います。

青森県八戸市から福岡県久留米市への移動・働き方改革 テレワークの活用 こんにちは。 今年も年末に近付いて来ましたね。皆さんは年末年始...

いつも以上に慎重に・・・、どこで仕事をするのか、携帯やPCの設置、充電確認などを行いました。

予定では明日の8:30過ぎから仕事をし、お昼は適宜1時間取らせていただき、17:30までの業務を予定しています。

よくよく考えると、私の場合周囲の方に質問するより質問される方が多く、相談するより相談される方が多いため、社内の人からの相談の連絡が来ることが想定されます。

また、相談しづらくならないように心がけないといけませんね。

さて、今回福岡にいる理由としては、義理の父親の手術があったと昨日のブログで記事にさせていただきました。

今後、手術の予後や更なる病により程度はありますが、介護が必要な状況も想定されます。

そうなった時に、皆さんはどうするか計画は立てていらっしゃいますか?

今回は想定し、少し考えてみたいと思います。

すぐに介護が必要となってしまった場合

福岡県には私の義理の母、父、義理の弟が住んでいます。

それ以外にも、県内に親戚関係はいるようですが、介護が必要となったときにはなかなか力になっていただくのは難しいと思います。

それぞれの親戚の皆さんも、介護や育児などを抱えられていますから。

今回思ったことが、以前の勤務地である岡山県からは福岡県は非常に便が良く、2時間あれば久留米まで来ることができました。

ところが、青森県からですと9時間以上かかり、5倍程度の時間がかかります。

費用も1人1万5千円前後ですし、車でも移動が可能です。

青森県から車だと、24時間程度かかります・・・(恐)

となると、今は義理の父が介護が必要な状況になったときには、義理の母、義理の弟に頼るしかありませんが、義理の弟は自営業で美容師をしていますので、時間に多少の融通は効くものの、付きっ切りというわけには行きません。

義理の母も70を超え高齢ですので、車の運転など不安は残ります。

しばらくは、妻を実家に残し、落ち着くまでは私が青森県で仕事をしていく必要がありそうです。

一定の資産は準備していますが、私の想定ではあと数年は現在の環境で資産を増やしたいと考えていますので、すぐに退職してしまうと金銭的な問題が発生する可能性もあります。

また、義理の父の介護状態が酷くなった場合に施設を利用する場合の費用なども捻出しなければなりません。

何をするにも「お金」は必要ですよね。

今の会社に20年弱勤めた結果、一定の収入を得ることができるようにもなりましたし、介護休暇、介護休業などもありますので、今後要介護認定がされることになれば、介護休業の取得(期間限定)も視野に入れないといけませんね。

親友がケアマネージャーなので相談しつつ、地域のケアマネージャーとケアプランを考えることになると思います。

義理の母が倒れてしまった場合

義理の母も既に70歳を超えているため、しばらくの間は良いかも知れませんが、義理の母も倒れてしまったことを想像すると、やはり一定近くにいてサポートする必要が出てくると思います。

その場合、妻だけでは対応が難しく、義理の弟と連携しつつ、私も近くに住まわざるを得ないのかなぁとも考えています。

義理の父が存命とすると、施設も探しておかないといけませんが、どのような支援が必要かにより変わりますので、本人の意向も確認しておかなければいけませんね。

私の両親に何かがあった場合

と言っている間に、私の両親も70前後の高齢ですので何かあってもおかしくありません。

両親とは一定希望や両親の資産などの話し合いはできているものの、まだまだ介護状態となった場合の段取り、役割までは話せていません。

東京に現在は住んでいますか、福岡から東京も結構距離ありますから。

全てが同時に来た場合を考えると、ちょっとゾッとしますよね。

金銭の余裕

介護を行う際には、官民それぞれの施設やサービスがあります。

官の場合は金額は安くなりますが、それだけ利用されている方も多く待機児童ではないですが、待機介護難民となる可能性が高くなります。

一方で民間の場合は、比較的待機介護期間は短いと思いますが、費用が高額となります。

そう考えると、お金はいくらあっても良いことになります。

両親の年金や資産は把握しておく必要がありますね。

まとめ

・介護はいつ何時訪れるか分からない

・最悪を想定して準備をしておく必要がある

・親族とも一定連携できると思うが、当てにはしない

・結局お金が必要

30代から金融リテラシーを高め、資産を増やしていかないと!

30代から身につける金融リテラシー こんばんは。 昨日、「40代からでも間に合う 金融リテラシーの向上」と言うテーマでブログを更新さ...

老後の資金を貯めるには、イデコや積立NISA、NISAなども税法上優位なのでオススメです。宜しければ当ブログ内でもご紹介していますので、ご覧ください。

ロボアドバイザーや不動産投資など資料請求するだけでもポイントが入るのが以下のサイトです。宜しければ一歩踏み出してみませんか?

ウェルスナビ登録で今なら5,000ポイントゲット!

▼ 不動産投資はこちらからセミナー参加するだけで合計10万円 ▼

モッピー!お金がたまるポイントサイト

参考になりましたら幸いです。


サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

宜しければ皆さんも道の駅回ってみませんか!?

過去の道の駅スタンプラリー記事(リンク)毎日の成功体験を日記にしています。よろしければご覧ください。過去の成功日記はこちら(リンク)また、記事の下にメルマガ登録フォームがあります。出来る限り毎日更新を心がけているので、宜しければ購読いただければと思います。

また、バックナンバーも遂に1000記事を超えましたので、宜しければご覧ください。

明日からの仕事が、そして人生が輝きますように。

2018年8月の記事です:北海道旅行 目次(INDEX)固定ページ

ブログトップページはこちら

お役立ち情報を多数掲載しています

私のダイエット遍歴はこちら

マクロ管理法ダイエットに今はハマっています、完全無欠コーヒーダイエットも参考に

私が取り組んでいる不動産投資はこちら

中古ワンルームマンション投資を2017年から取り組んでいます。不労所得でアーリーリタイアを目指します。

ドローンに興味のある方はこちら

手軽に購入できるようになったドローン、おすすめドローンを紹介しています



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。