新型コロナショック 米国株の行方と不動産投資

Pocket

新型コロナショック 米国株の行方と不動産投資

本日の日経平均は大幅に下がりました。

新型コロナウイルスによる死者は世界で2万人を超えたそうです。

阪神タイガースの藤浪晋太郎さんも新型コロナウイルスの陽性反応が出たそうです。

そんな中、ダウ3日続伸で米国株は始まりましたが、どうなるでしょうか・・・。

新型コロナ対策 注目の中古ワンルームマンション 不動産投資 2020年3月3日に「新型コロナショック 中古ワンルーム不動産投資への影響は?...

新型コロナショックによる不動産投資(現物)市場への影響について

一方で、私も行なっている中古ワンルームマンション不動産投資の現状はと言うと、前回の記事から2週間経過しましたが、基本的には影響はありません。

逆に、現物不動産投資が注目され、一部の地区では中古ワンルームマンションの価格が高騰していると言う現状もあります。

今回の新型コロナショック、過去のリーマンショックなどの金融危機時における不動産投資市場への影響は物件価格について一部影響が出ると想定されます。

そのため、キャピタルゲイン(不動産売買による利益)をメインに投資をされている方にとっては影響が出る可能性があります。

金融危機により手元資産が枯渇し、不動産の現金化を行わざるを得ず、止むを得ず相場より低額での売却を迫られたり、ローン返済が滞り自己破産による競売などが発生すると不動産価値相場自体が下がってしまいます。

ただ、経済危機よりも時間軸は緩やかなため、今すぐに影響は出ないと考えられると思います。

不動産売買価格はバブル崩壊前は過去の取引事例を元にした価格決定方法などがメインでしたが、バブル崩壊以降は、収益還元法という不動産の利回りをベースにした価格算出方法が主に用いられることになりました。

収益還元法とは不動産投資本来の「賃貸」という実需をベースとして、適正な不動産価格を考えようという考え方です。

賃料は過去の金融危機前後でも値段の動きは少なく、特に中古ワンルームマンションは値段の動きが少ないことが特徴的です。

先ほどご説明した、収益還元法という価格決定法が主流となった現在は、中古ワンルームマンション価格は大幅な値動きが無いと言えるのです。

逆に、賃料が変わらない中で中古ワンルーム不動産投資需要が高まると、利回りが下がり、収益還元法上は不動産価格が上がることになります。

私のように、キャピタルゲインではなくインカムゲイン(賃料収入で利益を得る)メインの運用を考えていれば、金融危機による影響は少ないことになります。

詳細はこちらへ。

新型コロナ対策 注目の中古ワンルームマンション 不動産投資 2020年3月3日に「新型コロナショック 中古ワンルーム不動産投資への影響は?...

にほんブログ村、人気ブログランキングへの出口はこちらになります。

お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

ニュースレターを購読する
メールマガジン登録はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。