アーリーリタイア 必要資金を徹底解説 メリデメを解説

Pocket

アーリーリタイア 必要資金を徹底解説 メリデメを解説

現在私が勤めている会社、職場は、私が入社して十数年間完全にブラック、ハラスメントまみれでした。

ところが、ここ数年、素晴らしい変化を遂げています。

個人的には今更・・・経営陣は責任を取るべきだとも思いますが・・・。

ハラスメントをしていた人が上に立ち、さぞ自分が変えたと言っているのが滑稽です・・。

上に立つために、手を汚したと言いたげですがね・・。

嘆いても変わりませんので、本題に戻ります。

昨今知らない人がいないキーワード、それが働き方改革です。

以前は夜中まで仕事し、朝は始発から仕事をして、当たり前のように土日も仕事をしていました。

世間はそのような背景に課題を感じ「働き方改革」へ取り組み始めました。

実は、簡単な話なのです。。

企業にとっては「経営リスク」につながりますから、取組みがちょっと遅いくらいだと私は思っていましたが・・・。

株主に言われた可能性が高いと考えています。

アーリーリタイア 実現するためにすべきこと

私の家庭環境を鑑みると、ここ数年、両親の体調不良はありましたが、徐々に介護が必要な状況へ進展しているように思います。

どこか未来の話でしたが、目の前に近づいて来ているのを本当に感じています。

そんな中、ここ数年前から、準備をしていたことがあります。

サラリーマンである以上、仕事を抱えている以上、一定の制約があります。

例えば、仕事の内容は選べませんし、仕事をする場所や時間、職場環境も選ぶことができません。

身内に何かあった時に、仕事に縛られては自分を見失う可能性がありますよね。

そこで取り組んでいることをブログ内でご紹介します。

1つ目 家を持たない(マイホーム)

マイホームを持つと、借金を負いながらそこに住むことになります。

マイホームは言うなれば負債です。お金を支出するものは負債なんですよね。

資産ではありません。

2020年 お金の貯まる体質 に変わりませんか? こんにちは。 今年の年末年始は、妻の実家で過ごしています。 急に帰省が決まり...

マンションであれば修繕積立金に管理費、固定資産税が毎年かかります。

私は家(ファミリーマンション)を購入しましたが、その後売却しました。

幸いに、購入した金額より高く売却できましたので幸いでした・・・

2つ目 車を持たない

私は会社に入ってから、1台しか車を保有していません。

それも、3年間しか持っていませんでした。

それ以外はレンタカー生活をしています。

2020年 お金の貯まる体質 に変わりませんか? こんにちは。 今年の年末年始は、妻の実家で過ごしています。 急に帰省が決まり...

特に最近はレンタカー生活が板について来たと思います。

ニコニコレンタカー は一日借りても2,525円ですよ。

車の整備もされていますし、引越しをする時には近くのレンタカー店を確認しています。

それ程車の維持費は高いですから・・・。

3つ目 生命保険に入らない

医療保険は10人中9人が入っていると言う日本国内で普及している生命保険の1つです。

医療保険は病気にかかり、手術を受けた際の手術一時金、入院した際の入院費、通院した際の通院費など、病気に関わる様々な費用補助を受けることができます。

多くの方が加入しています。

ただ、医療保険は終身保険で170万円支払い、27万円ほどしか受給できません。

入院1日5000円、90日補償であれば1入院=1原因での受給は45万円で限度です。

そう言う保険なんですよね。

先進医療特約のために加入される方いらっしゃいますが、先進医療を活用するケースはほとんどありません。

白内障治療もしくは重粒子線治療などの一部のみなんですよね。

まずは、きちんと貯蓄、投資し、資金を準備するのが大事です。

医療保険の年間保険料が代理店手数料になるそうですから。

40代からでも間に合う 老後へ向けた運用 こんにちは。 今日の八戸市内は天気が良いのですが、やはり寒いですね。 テレビを見てい...

老後の資金を貯めるには、イデコや積立NISA、NISAなども税法上優位なのでオススメです。宜しければ当ブログ内でもご紹介していますので、ご覧ください。

是非皆さんも、1つの副業からスタートしてみませんか。

<中古ワンルームマンション不動産投資の資料請求はこちらからどうぞ>






資料請求は無料ですので、まず一歩踏み出してみてください。

参考になりましたら幸いです。応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

ニュースレターを購読する
メールマガジン登録はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。