田子ガーリックステーキごはん

田子ガーリックステーキごはん (HPトップへ

こんにちは。

今週は水曜日から3連発の懇親会があり、少し疲れました。

また、多くの方と名刺交換をさせていただきましたが、顔と名前が一致するまでどれくらいかかるか、少し心配です(苦笑)

ただ、お会いする皆様がとても良い方が多く、更に安心しました。

さて、今週お伺いした地域に「田子(たっこ)」があります。

皆さんご存知でしょうか?

田子(たっこ)といえば「にんにく」で有名なんですよね!

特ににんにくをふんだんに使ったご当地グルメが「田子ガーリックステーキごはん」

略して「田子ガリステごはん」です!

田子ガーリックステーキごはんとは
ABOUT TAKKO-GARLICSTEAK-GOHAN

青森県田子町は、日本有数のニンニク産地であるだけでなく、畜産(牛肉・豚肉・鶏肉)やお米づくりも盛んな農業の町。

そんな田子町が誇る3大食材(ニンニク・肉・米)を組み合わせて開発したのが、ニンニクフルコースランチの「田子ガーリックステーキごはん(略称・田子ガリステごはん)」です。

そうなんです、ランチコースなのに、ガーリックを踏んだんに使うという画期的な新商品です!
詳細はこちらへどうぞ!(リンク

ガリステごはんの食べ方5か条

お店で注文をすると説明していただくのですが、食べ方にもこだわりがあります。

(1)まず、ウエルカムドリンクとして「ニンニク入りコーラ」が出てきます。ググッと一気
   に飲み干しましょう。気に入ったらお土産にもどうぞ(商品名は「タッコーラ」です)。
(2)続いて、お膳が出てきます。
   最初に、前菜の「9種類の創作ニンニク料理」を食べてください。
   食べる順番は、奥の列の左→右、真ん中の列の左→右、手前の列の左→右です。
   お味噌汁も熱いうちにどうぞ。
(3)前菜を食べ終わったらメインの「ガーリックステーキ寿司」(元祖「肉巻き寿司」)。
   点火棒を使って、固形燃料に火をつけてください(十分お気をつけください)。
   「自分ではちょっと……」という方は、遠慮なくお店のスタッフにお声がけください。
   1分30秒~2分ほどでステーキ鍋が温まりますので、お肉をのせてお好みで焼いてください。
   お肉を食べるおすすめの順番は、豚肉→牛肉→鶏肉→ニンニク→豚肉→牛肉→鶏肉→ニンニク→豚肉…です。
肉巻き寿司の作り方は簡単です(①取り皿にシャリを置く②シャリに肉を巻きつけて食べる)。シャリには3種類のトッピングがのっていますが、肉をどのシャリに巻くかはご自由に。
肉の下にある野菜も焼いて食べてください。
焼き終えたら、火消し蓋を使って火を消してください。
(4)食後に、デザートとして「ガーリックアイス」が出てきます。
(5)会計時に、ニンニク臭い消しのグミをお渡しします。良く効くかどうかは保証しません(笑)。

どうでしょうか?

食べたくなってきたのではないでしょうか。

写真をせっかくですので掲載します♪

参考にしてみてください。

こちらがたっコーラです!

酢飯のシャリの上にはにんにくが!

こちらが前菜!

牛肉!(田子牛)

豚!

とり!

焼いている風景!

あっという間に完食!

ガーリックアイスです!

美味しい!

いい街です!

帰りにちょっと立ち寄り!

タプコプ創遊村へ!

いかがだったでしょうか?

田子ガリステは3つのお店で食べることができます。

私がお伺いしたのは「田子町ガーリックセンター」ですが、土日は予約しないと食べれないくらい混んでいるそうです。(10時半でも一杯)

前日予約をお勧めします♪

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。