ハローワークから突然の入電 内容とは?

Pocket

ハローワークから突然の入電 内容とは?

皆さんこんにちは。norikiart(ノリキアート)です。

前回、ハローワークへ行き「特定理由離職者」の申請をして来たのですが、今回突然ハローワークの担当者から電話がありました。

その内容とは・・・?

Twitterのフォローをこちらからよろしくお願い致します^^

YouTubeのチャンネル登録もこちらからよろしくお願い致します^^

▼「ハローワークへ「特定理由離職者」の申請へ」の記事はこちらから
ハローワークへ「特定理由離職者」の申請へ 皆さんこんにちは。norikiart(ノリキアート)です。 前回「ハローワーク」へ...

ブログ運営の励みになりますので、大変お手数なのですが、応援の1日1クリックをよろしくお願い致します。

↓↓<応援クリックお願いします>

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

↓↓<応援クリックお願いします

▼(注目記事!)「退職することを会社の同僚に伝えました」 です

退職することを会社の同僚に伝えました 皆さんこんにちは。norikiart(ノリキアート)です。 以前ブログでもお伝えしたと...

▼興味がある方はこちらに関連ブログも宜しければご覧ください。

にほんブログ村 セミリタイア生活

にほんブログ村 米国株

にほんブログ村 FIRE

見慣れない電話番号からの入電

普段は見慣れない電話番号(登録していない場合)の電話は出ないようにしているのですが、私が住んでいる地域の市外局番でしたので電話に出てみました。

すると、「〇〇ハローワークの〇〇です」と言う反応がありました。

もしかしたら、「特定理由離職者」の件かと思いましたが、的中です。

上司へ先日提出した資料を使い説明いただいて審査を進めてくれているようなのですが、追加で2点の資料を提出して欲しいとのことでした。

真剣に対応していただけているようで嬉しく感じました。

追加の資料とは

1つ目は「妻の通院履歴が分かる資料」です。

妻は2019年12月末から1ヶ月から2ヶ月に1度、福岡県内の心療内科へ通院していた旨を申請書に記載したのですが、それを客観的に示す資料が必要とのこと。

幸い、妻の通院については「お薬手帳」を毎回提出していたので、処方箋情報が残っておりこちらの資料を提示することにしました。

2つ目は「私と妻の関係を示す資料」です。

なるほど、と言えるのですが私が提出する「お薬手帳」が私の妻のものであることを示す資料が必要とのことでした。

幸い国民年金の免除申請で取り付けておいた「健康保険喪失・削除証明書」がありますので、こちらを提出することにします。

「健康保険喪失・削除証明書」には被保険者が私、妻が被扶養者として「続柄」と「氏名」の記載がありますので、問題ないと思います。

あとがき

ハローワークの窓口担当者はとても親切で一生懸命対応をしてくれ嬉しいものです。

追加資料は週明けに提出してきますが、果たしてどうなるか。

「正当な理由のある自己都合により離職したもの」に該当すると認められ、2ヶ月の給付制限期間が免除されレバ、7日間の待機帰還後すぐに失業給付を受け取れます。

失業給付金は課税所得となりませんので、全額手元に入りますので、アーリーリタイア初年度の生活費としてとても大きな助けになりますので、認定されることを期待しながら待ちたいと思います。

アーリーリタイアして約1ヶ月、多くの手続きをしてきましたが、勉強になりますね^^

本日もブログをご覧いただきありがとうございました。

▼興味がある方はこちらに関連ブログも宜しければご覧ください。

にほんブログ村 セミリタイア生活

にほんブログ村 米国株

にほんブログ村 FIRE

ブログランキングに参加しています。

ブログ運営の励みになりますので、大変お手数なのですが、応援の1日1クリックをよろしくお願い致します。

ブログ運営の励みになりますので、大変お手数なのですが、応援の1日1クリックをよろしくお願い致します。

↓↓<応援クリックお願いします>

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

↓↓<応援クリックお願いします

お問い合わせ

Twitterアカウントはこちら(ダイレクトメールにて)



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

ニュースレターを購読する
メールマガジン登録はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。