ハローワークのミス発覚 失業保険金の訂正連絡

Pocket

ハローワークのミス発覚 失業保険金の訂正連絡

こんにちは。ノリキアート(norikiart)です。

ハローワーク通いを始めて1ヶ月が経過し、先日の『初回失業認定』を受け今は失業保険金の入金を待つばかりとなりました。

失業保険金には税金がかかりませんので(課税所得ではない)、失業をしている人にとって、とてもありがたい給付金だと思います。

そんな中、突然ハローワークから携帯に連絡があり、失業保険金の訂正があるとのこと。

そのようすについてブログ記事にしたいと思います。

<前回のハローワーク訪問記事はこちらから>
2回目の求職活動 職業相談アンケート編 こんにちは。ノリキアート(norikiart)です。 前回は『ハローワークで初回失業...

▼ランキング応援

ブログ運営の励みになりますので、大変お手数なのですが、応援の1日1クリックをよろしくお願い致します。

<セミリタイアランキング>    ⇨ にほんブログ村

<サラリーマン投資家ランキング> ⇨ 人気ブログランキング

YouTubeの動画視聴・チャンネル登録はこちらから

▼今日の「注目記事!」はこちら
リニューアル 遺伝子検査のジーンライフ COVID-19重症化判定も 皆さんこんにちは。norikiart(ノリキアート)です。 ...

失業保険金の認定額について

雇用保険受給資格者証には、前回の初回失業認定日に以下の印字がされていますので、確認をすることもしていませんでした。

ただ、連絡をいただき計算してみると失業保険金給付の日数、上の図で「21」の部分ですが、こちらが誤っていると言うことでした。

正しくは「22」となり、給付金額「157,710円」が「165,220円」へ訂正され、残日数「129」も「128」となるようです。

私は生活に苦労はしていないので問題無いですが、確かにハローワークの作業に誤りがあるとは思いませんので、想定していた金額がもらえない人にとっては大問題かも知れません。

あとがき

ハローワークから突然連絡が入ると少し構えてしまうものですが、今回の連絡は良い電話でしたので安心しました。

自己都合退職の場合は、本来2ヶ月の『給付制限期間』がありますが、私の場合「特定理由受給者」に該当しましたので『給付制限期間』が無く今回のタイミングで受給することができます。

そう考えると、自己都合退職の場合は12月末に退職した場合、実質4ヶ月後の失業保険金受給となると考えると、退職時には失業保険のことをよく勉強しておかないと後々困ることになります。

皆さんも、アーリーリタイアを考えていらっしゃる場合、一度失業保険制度を学習してみると良いと思います。

今回もブログをご覧いただきありがとうございました。

▼興味がある方はこちらに関連ブログも宜しければご覧ください。

にほんブログ村 セミリタイア生活

にほんブログ村 米国株

にほんブログ村 FIRE

▼当ブログ管理人「norikiart」のプロフィール
ブログ管理人「norikiart(ノリキアート)」 自己紹介(2021年12月30日更新) はじめまして、そしていつも当ブログをお読みいた...

ブログランキングに参加しています。

ブログ運営の励みになりますので、大変お手数なのですが、応援の1日1クリックをよろしくお願い致します。

<セミリタイアランキング>    ⇨ にほんブログ村

<サラリーマン投資家ランキング> ⇨ 人気ブログランキング

お問い合わせ

Twitterアカウントはこちら(ダイレクトメールにて)



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

ニュースレターを購読する
メールマガジン登録はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。