中国が「人工月」打ち上げへ 街灯代わり 電気代節約に

中国が「人工月」打ち上げへ 街灯代わり 電気代節約に

こんばんは。

ちょっと凄いニュースを拝見しました。

中国が2020年までに、照明用の人工衛星、いわば「人工の月」を打ち上げ、街灯の代わりに都市部を照らし、電気代を削減する計画であるらしいです。

えっ、と言うニュース。

月を作れるのは、サイヤ人、特にエリートだけだと思ったのですが・・・(ベジータ談)

国営英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)によると、南西部四川(Sichuan)省成都(Chengdu)市が開発中の「照明衛星」は本物の月と共に輝き、ただその光は本物よりも8倍明るいといいます。

プロジェクトの担当責任者によると、この世界初の人工月は2020年までに同省の西昌衛星発射センター(Xichang Satellite Launching Center)から打ち上げられる計画で、この第1号の試験運用が成功すれば、2022年に追加で3機を打ち上げる予定だといいます。

この人工月は太陽光を反射し、街灯の代わりに都市部を照らすそうです。

これにより50平方キロの範囲がカバーされれば、成都市の電気代を年間12億元(約200億円)節約できる見通しだといいます。

同責任者は、災害で停電が発生した際にも、この衛星からの光が被災地の救助活動に役立つとしているそうです。

今まで生きてきて聞いたことないような壮大な計画!

サイヤ人にとってみると良い話ですよね!(笑)

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。