FIREを考える瞬間 上司の魅力が感じられない日々

Pocket

FIREを考える瞬間 上司の魅力が感じられない日々

皆さんこんにちは。norikiart(ノリキアート)です。

今日もお客様へ担当変更の引継ぎを目的に上司と次期担当者(後輩のKさん)と訪問をする機会がありました。

先方の役員の方に、担当変更の旨をお伝えすると当然のように「何かあったのか」と疑問点を投げ掛けられます。

今回は「2021年12月末」に退職する旨をお伝えすると、先方の役員の反応はとても前向きで「ノルマの無い生活」は最高、もし仕事をするにしても「ノルマの無い仕事」を選んだ方が良いととても前向きなアドバイスをいただきました。

その役員の方も60歳を超えてまだ働かれていますが、持病を色々と抱えられていて大変だと日頃からおっしゃられていました。

身体の元気な内に、自由を手に入れる大事さを教えてくれた一人かも知れません。

さて、今回のテーマは「FIREを考える瞬間 上司の魅力が感じられない日々」としました。

昨日、後輩Iさんと会社を帰っている際の会話を記録しようと思います。

▼FIRE情報 職場環境に変化が 後輩Iさんの行動(後輩Kさんも登場します)

FIRE情報 職場環境に変化が 後輩Iさんの行動 皆さんこんにちは。norikiart(ノリキアート)です。 職場の上司に退...

当ブログではFIRE(Financial Independence, Retire Early)へ向け資産運用を行っているアラフォーサラリーマンの日常生活を記録しています。

元々計画していた「1億円の純資産」は達成したものの、20年以上勤めた会社を退職することを決めるのにはとても勇気が必要となりました。

世間では、まだまだ実際にFIREする人向けのブログは少ないと思います。

これからは、退職までの心境や、準備などについてもブログでお伝えしていきたいと思います。

宜しければ、アラフォーサラリーマンが実際にFIREするまでの過程やFIRE後の生活についてご覧いただければと思います。

▼YouTubeのご紹介

動画の編集にもチャレンジしていますので、宜しければYouTubeのチャンネル登録も宜しければお願い致します。

資産運用の状況をYouTubeでもご紹介していますので、宜しければご覧いただき、チャンネル登録もお願いいたします。

FIRE後の生活についてもYouTubeで公開しますので、事前登録をぜひ。

↓チャンネル登録はこちらのボタンからお願い致します

▼43歳 ねんきん定期便公開 現時点の給付額公開 2021年12月末にFIREするサラリーマン

ブログ運営の励みになりますので、大変お手数なのですが、応援の1日1クリックをよろしくお願い致します。

↓↓<応援クリックお願いします>

にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓↓<応援クリックお願いします

▼ブログ管理人「norikiart(ノリキアート)」 自己紹介

ブログ管理人「norikiart(ノリキアート)」 自己紹介 はじめまして、そしていつも当ブログをお読みいただきありがとうございます。 ...

FIREを考える瞬間

皆さんは仕事を辞めたいと感じる瞬間はありますか。

先日、ニュースになっていましたが、「新卒二年目の社員の退職理由」として、『この会社、偉くなってもランチが食パンなので辞めます』とツイートされ、トレンド入りしたと言うニュースを見る機会がありました。

朝のニュースでは、上司を擁護するコメント「給料制では止むを得ない」「独身には分からない理由がある」もありつつ、「確かに夢がない」「せめて隠れて食べて欲しい」など理解を示すコメントもありました。

私が仕事を辞めたいと感じる瞬間は「理不尽な顧客から難癖を付けられたとき」や「社内でくだらない出世競争をしている人を見たとき」などもありますが、一番感じるのが「残念な上司の下で働いているとき」です。

仕事のできる上司の下で働き、自分の成長につながる瞬間は仕事が辛くても耐えられたと記憶しています。

一方で、仕事のできない上司の下で働くと精神的に疲弊すると感じていたように思います。

皆さんはどうでしょうか。

▼退職願を提出しました FIREへの第一歩

退職願を提出しました FIREへの第一歩 皆さんこんにちは。norikiart(ノリキアート)です。 職場の上司に退職の意思...

後輩のIさんの疲弊理由 上司の魅力が感じられない日々

職場の同僚である後輩のIさんと先日歩きながら帰る機会がありました。

地方あるあるですが、家まで歩いて帰宅するため学生時代のように途中まで一緒に歩いて帰ることもあるんですよね。

その道中のこと、いつも元気で精力にあふれている後輩のIさんが、何だか疲れた顔をしていました。

私が退職することになり、後輩のIさんは職場のナンバー2となり、上司と組織運営について考える機会が増えてきました。

年度もスタートして間も無く第1Qが終わろうとする中で、後輩のIさんは現状の課題や組織の方向性について上司に提言、相談する機会があったそうなのですが、その際の上司の反応にがっかり(あきれてしまって)してしまい疲れがドッと出てしまったようでした。

リーダーシップが感じられない上司に色々と提言し続ける辛さ、大変さは私も良く知っているので、共感する部分が多くありました。

上司は「良い人」ではありますが、仕事上では「残念な人」のようです。

▼退職のしおり FIREするために必要な手続きについて

退職のしおり FIREするために必要な手続きについて 皆さんこんにちは。norikiart(ノリキアート)です。 職場の上司...

肉体的な疲れより精神的な疲れ

仕事はやり甲斐があれば、多少の残業や懇親会などは苦痛ではありません。

一方で、今のように上司がリーダーシップを持たず、組織が疲弊していっている状況に対し甘んじている、何とも言えない歯がゆさを後輩のIさんは今感じているのだと思います。

解決策は、全て自分で決めて実行するしかありません。

ただ、その行動は上司をダメにしてしまうリスクを抱えていますが、やむを得ない場合もあります。

上司は部下を選べないように、部下も上司を選べません。

後輩のIさんを少しでもサポートできればと思う、今日この頃でした。

▼退職の意思を後輩に伝えました 後輩の反応は?

退職の意思を後輩に伝えました 後輩の反応は? こんにちは、norikiart(ノリキアート)です。 昨日、上司に退職の意思を...

FIREを決めてからの精神状態

当然まだサラリーマンですので、ストレスは多くありますが、まずは同僚に対し私がFIRE(早期退職)することを伝わったことによりまた少し肩の荷が下りた気がします。

想定とおりですが、更にお客様にも担当変更の理由を伝えることにより肩の荷が下りてきました。

一方で組織の課題が浮かび上がってきたことにより、私もまだまだ活躍の場が出てきてしまいましたが、やりがいのあることであればモチベーションは保てますので、少し頑張ってみようと思います。

最近は妻と週末を利用し栃木近辺の人気のないところで遊んでいます。

茨城県にある「天空の砦」でロングローラースライダーでストレス発散して来ましたので、ご紹介させてください。

▼中古ワンルームマンション不動産投資の現状公開(5室運用)

中古ワンルームマンション不動産投資の現状公開(5室運用) 以前より、当ブログで不動産投資について記事を公開させていただいています。 ...

さて、私は2021年12月末にFIRE(アーリーリタイア)をすることを決めたとお伝えしていますが、きっかけを作ってくれたのが、「中古ワンルームマンション不動産投資」です。

FIRE(アーリーリタイア)をするためには、当然ある程度の資産や運用益が必要です。

私は「中古ワンルームマンション不動産投資」の賃料収入を安定収入とし FIRE(アーリーリタイア)をすることを決めました。

宜しければ、参考になれば幸いです。

▼私が行っている中古ワンルームマンション不動産投資の資料請求はこちらから

以下のバナーをクリックすると、同社のホームページへ遷移します

※現在資料請求から初回面談でAmazonギフト券「3万円分」レゼントの特典があります

サラリーマンがマンション経営で年収UP!【DVDプレゼント中】

資料請求は無料ですので、宜しければ手元資金を安定運用してみてください。

参考になりましたら幸いです。応援よろしくお願いいたします

▼人生第二章 不動産投資 で FIRE ( アーリーリタイア )へ

人生第二章 不動産投資 で FIRE ( アーリーリタイア )へ こんにちは、norikiart(ノリキアート)です。 今週...

▼購入から3年 中古ワンルームマンション不動産投資の収支公開(東京物件@新宿区)

ブログランキングに参加しています。

ブログ運営の励みになりますので、大変お手数なのですが、応援の1日1クリックをよろしくお願い致します。

↓↓<応援クリックお願いします>

にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓↓<応援クリックお願いします

お問い合わせ

Twitterアカウントはこちら(ダイレクトメールにて)



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

ニュースレターを購読する
メールマガジン登録はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。