FIREサラリーマン 仙台国税局から突然の電話

Pocket

FIREサラリーマン 仙台国税局から突然の電話

皆さんこんにちは。norikiart(ノリキアート)です。

今回のブログのテーマは「仙台国税局から突然の電話」としたいと思います。

つい先日、仕事をしている際に見慣れない電話番号から着信がありました。

電話に出ると「仙台国税局です」との発言が。

果たしてどのような話だったのか、について参考に共有したいと思います。

現在、以下バナー経由の資料請求、初回面談(WEB面談も可)でAmazonギフト券3万円分レゼントの特典がありますので、週末を利用し資料請求をしてみませんか。

サラリーマンが自己資金0円で始める中古マンション投資とは?

↓↓<応援クリックお願いします>

にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓↓<応援クリックお願いします

▼退職の意思を上司に伝えました 上司の反応は?

退職の意思を上司に伝えました 上司の反応は? こんにちは、norikiart(ノリキアート)です。 今週も始まりましたね。 ...

▼私の母にFIREすることを伝えました その反応は?

私の母にFIREすることを伝えました その反応は? 皆さんこんにちは。norikiart(ノリキアート)です。 妻の両親には...

仙台国税局からの電話の趣旨とは

突然の電話に驚きながらも話を聞いてみました。

すると、今年の確定申告の申告内容について「医療費控除」について、無作為に抽出した「モニタリング」に当たったらしく、医療費の領収書などを提出するようにとの書面を送った件についてでした。

まだ私の手元には到着していないことを伝え、恐らく青森県から栃木県へ転居したことから転送に時間がかかっているのではないかと担当者の方へ伝えました。

先方の担当者も、転居していることは「青森税務署」から連絡があったようで、今回、仙台国税局から文書を送付したものの、転居していることから、領収書の送付は不要と言うことを伝えるための電話でした。

4年ほど前にも、一度確定申告について「モニタリング」で領収書などを提出した経験がありましたが、結構頻繁に対象となるんだなと思いました。

当時は岡山県でしたが、今回は青森県と移動するたびに対象に選定されるのは少し嫌な気分ですね。

ただ、担当の方は親切な態度で、到着した資料は廃棄すれば良いとの指示がありました。

特にやましいことは無いのですが、非日常なことが起きると少し緊張するものです。

今後も適切に確定申告をしていきたいと思います。

さて、私自身、40代でFIREするのはなかなか難しい世の中ですが、43歳で無事にFIREすること(とは言え、 FIREがスタートなのですが)が出来たのは気持ち良いものです。

▼RENOSY(リノシー) の エージェント との久しぶりの再会

RENOSY(リノシー) の エージェント との久しぶりの再会 皆さんこんにちは。norikiart(ノリキアート)です。 ...

私が物件6室を購入した、不動産投資事業者「株式会社GA technologies (ジーエーテクノロジーズ)」の提供する「RENOSY(リノシー)」事業についてはこちらから資料請求が可能です。

現在、以下バナー経由の資料請求、初回面談(WEB面談も可)でAmazonギフト券3万円分レゼントの特典がありますので、週末を利用し資料請求をしてみませんか。

サラリーマンが自己資金0円で始める中古マンション投資とは?

以下のバナーをクリックすると、同社のホームページへ遷移します





時間があれば誰もに機会がある純資産1億円達成。

世の中には、資産1億円を謳う方もいますが、負債があっては意味がありません。

純資産1億円を目指し、前へ進んでみましょう!

ブログランキングに参加しています。

ブログ運営の励みになりますので、大変お手数なのですが、応援の1日1クリックをよろしくお願い致します。

↓↓<応援クリックお願いします>

にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓↓<応援クリックお願いします

お問い合わせ

Twitterアカウントはこちら(ダイレクトメールにて)



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

ニュースレターを購読する
メールマガジン登録はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 鈴木照彦 より:

    何時もブログ楽しにしています。
    ブログの中で紹介されていたリノシーさんに面談をお願いしたところ、面談当日、いきなり幅さんと言う担当の方から、貴方はAmazonギフト券の対象になりませんがそれでも聞きますか?どうしますかと大変な物言いをされました。

    そもそもこんな営業をされる会社なのですか?

  2. noriki より:

    ブログを参考にしていただいて、またコメントありがとうございます。
    担当の方は物言いは酷いですね。
    私の担当者はそのような物言いをすることは無く、とても親切な担当者です。

    私が現在勤務している会社もそうですが、残念ながら社内教育が徹底されていないケースも
    あり得なくはないと思いますが不快な思いをされたとのことで、とても残念です。

    宜しければ、コメントかツイッターからDMをいただければ私を担当いただいている営業を
    ご紹介することも可能ですのでご連絡いただければと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。