青森県 天然記念物 北限の猿 電線で綱渡り

青森県 天然記念物 北限の猿 電線で綱渡り

先程驚きのニュースが・・・。

青森県むつ市で有名な「北限のサル」をご存知でしょうか?

北限のサル(ほくげんのさる)は、青森県の下北半島に生息するニホンザル(ホンドザル)で、ヒト以外の霊長類では、世界で最も北に生息していることからこのように呼ばれている。この北限のサルは国の天然記念物に指定されています。

と言うことで、世界で最も北に生息しているサルだそうです。

映像のとおり、電線を伝わりながら数十匹が通り過ぎて行ったそうです。

いやー。

天然記念物なのに・・・。自然破壊が進んでいるのでしょうか。

今日は是非、北限のサルを知っていただければ幸いです。

ホームページトップへ



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。