ドローン一覧

Drone site link

Drone site link こんばんは。 以下ドローン情報について改めて共有させて頂きます 人口密集地区(DID地区の調べ方) 人口集中地区(DID地区)の調べ方はこちらをクリックください http://www.gsi.go.jp/chizujoho/h27did.html 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール 国土交通省のサイトを確認ください。 http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html DRONE OWNERS https://droneowners.jp/

2018年 ドローン保険 について

2018年 ドローン保険 について ドローンはインターネットでも普通に販売されています。 青森県でもドローン関連の事業者が多くいらっしゃるようです。 ただ、ドローンはすぐには使えないのはご存知でしょうか!? 私はドローン検定を受験し、知識が広がりました(ドローン検定1級<リンク>) ドローンは機体の重量により、ドローンを飛ばして良い場所が異なります。 200g以上の場合は、did地区(人口密集地区(リンク))を避けなければいけません。 また、ドローンを飛ばすことによる「リスク」があることを理解しなければなりません。 ドローンを飛ばすと2つのリスクが大きく分けてあります。 ※細

ドローン ・ジャパン㈱ 勝俣喜一朗氏

ドローンの利活用を通じて、IOT、「精密農業」などの新しい事業や既存事業における新たなビジネスモデル開発などを支援する目的で、2015年12月に発足したドローン・ジャパン株式会社の代表取締役社長 勝俣喜一朗様と本日岡山県で2度目の面談をさせていただきました。久しぶりにお会いしましたが、魅力は増すばかりでとても良い面談となりました。「農業×IT」 「精密農業」って皆さんピンと来ますか?

ドローン飛行、自治体が規制、国交省、3月めど条例で可能に

国土交通省は3月をめどにドローン(小型無人機)の飛行を自治体が独自に規制できるようにする。現行法は人口が集中する都市部が対象の中心だが、観光地などでも景観を守るために飛行の制限が可能になる。規制の強化はドローン普及の障害になる恐れもあるが、地域の事情に応じ、きめ細かく対応できる体制を整え、利用の促進と安全確保の両立をめざす。

動き出すドローンファンド、設立2カ月、人材派遣・管制13社へ出資、VB育成で海外追い上げ。

ドローンファンドは千葉氏が呼びかけた。ソフトバンクグループの孫正義社長の実弟で、ベンチャー投資家の孫泰蔵氏や起業支援のリバネス(東京・新宿)など、20の個人投資家や企業が賛同、出資した。ファンドの規模は15億円。既に13社のVBに投資した。  出資先の1社であるドローンデパートメント(岡山市)はドローン特化の人材派遣サービスを手掛ける。専用パイロットや技術者など、ドローン関連の人材500人が登録している。「自社の事業にドローンを活用したいと考える企業が増えている」(白石和也最高経営責任者)