兼業・副業「許可せず」75% 労研機構調べ 政府推進も進まず

兼業・副業「許可せず」75% 労研機構調べ 政府推進も進まず

こんにちは。

皆さんは副業をされていますか?

恐らく勤務先では副業NGだと思います。

ただ、副業の内容によりますが、得るものもあると思います。

本業に活かせる副業であれば良いのではないでしょうか?

政府が推進する会社員の兼業、副業について、独立行政法人労働政策研究・研修機構が企業や労働者にアンケートをしたところ、企業の75・8%が「許可する予定はない」とし、労働者も56・1%が「するつもりはない」と回答したことが分かったそうです。

政府は2017年3月にまとめた働き方改革実行計画の中で、兼業や副業を「新たな技術の開発、起業の手段、第二の人生の準備として有効」としたが、浸透していない実態が浮き彫りになりました。

調査は18年2、3月に実施。従業員100人以上の企業2260社と、労働者1万2355人から回答を得たそうです。

兼業、副業を既に「許可している」企業は11・2%にとどまり、「許可を検討している」も8・4%だったとのこと。

許可しない理由を複数回答で尋ねたところ、「過重労働となり、本業に支障を来すため」が82・7%で最多で「労働時間の管理・把握が困難となる」も45・3%を占めたとのこと。

労働者へのアンケート結果では、兼業や副業に前向きな「新しくはじめたい」「機会・時間を増やしたい」と回答した人は計37・0%と高まって来ています。

私の勤めている企業も副業はNGですので、門戸を開いて欲しいものです。

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。