八戸から大阪への移動手段について

八戸から大阪への移動手段について

こんにちは。

八戸を離れ、東京を経由し岡山へ向かっています。

八戸の寒さ、東京の暖かさに驚いている今日この頃ですが、移動手段について考えてみました。

来月大阪へ行く予定があり、本来岡山から新幹線で行こうと思っていたのですが、急遽八戸から向かわなければいけなくなりました。

ホテルを既に予約してしまっていたので(キャンセル不可)、今回はなんとしても大阪まで行かなければなりません(笑)

ルート1 新幹線活用(本八戸 → 梅田)

今回私が八戸へ向かった手段ですね。

オーソドックスですがメリットデメリットを整理してみました。

居住する予定地が本八戸になりますので、そこからの移動経路についてまとめてみました。

9:32発 本八戸(八戸線)→9:41着 八戸(新幹線)10:16発 →13:04着 東京(新幹線)13:30発→16:03着 新大阪(大阪市営御堂筋線)16:12発→16:18着 梅田

と言う経路が一般的でしょうか。(16:30着を前提としています)

所要時間:約6時間45分 運賃:26,430円(往復で52,860円)

メリットは、乗換が少なく、とにかく座っていれば着くところでしょうか。

ただ、腰が少し痛くなりますね・・・疲れます。

東北新幹線では「JR東日本の株主優待券」を活用すれば最大4割引になりますので、グリーン車の活用を検討したり、JR東海、西日本はEX予約システムを活用すれば、こちらも事前予約でかなり安くなりますので、オススメです。

ルート2 飛行機活用(本八戸 → 梅田)

こちらは、私も全く未知の移動手段です。

12:15発 本八戸(バス)→13:10着 三沢空港(JAL)13:45発→15:30着 伊丹空港

伊丹空港からの移動経路は以下の通り

16:00発 伊丹空港(ハービスバス)→16:25着 大阪梅田(ハービスOSAKA)

15:53発 大阪空港(大阪モノレール)→15:55着 蛍池(阪急宝塚線)→16:15着 阪急梅田

と言う経路が一般的でしょうか。

本八戸から三沢空港のバス代金:1,400円

三沢空港から伊丹空港までの飛行機代:約16,000円(早割の場合の平均値)

伊丹空港から梅田までの電車代(バス代):420円(640円)

所要時間:約4時間10分 運賃:17,820円(18,060円)(往復で35,640円)

新幹線と比べると約2時間30分早く、運賃も8,610円(8,390円)安いですね。(片道)

往復では17,220円(16,780円)となります。

飛行機は1日に1便しか出ていないと言うデメリットがありますが、バスに乗ったり、待ち時間は一定あるものの、こちらの方が早く、安いですね。

と言うことで、今回は「ルート2 飛行機活用(本八戸 → 梅田)」で移動します。

いかがでしょうか?

八戸から大阪まで移動される方は、参考にしていただければと思います(笑)

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。