20171227朝の体重測定(連休5日目)

おはようございます^^

連休5日目の朝の体重測定の投稿です!

出来る限り、食事と、毎朝の体重測定を公開していこうと思います。

今日の体重測定は・・・76.2kg。
増加が止まりません、暴飲暴食の結果ですね・・・。

これから朝食をいただき、福岡県へ向かいます。
九州の妻の実家へゴーです。

またもや、車で移動しますので、気をつけて行ってまいります。

恒例の前日の食事のご紹介です。

昨日の朝食 完全無欠コーヒー

昨日のランチ LAWSONのハーブチキンと味付きゆで卵

間食 チョコレート(バンホーテン)

昨日の夕食 和食会席(メニューは添付の通り)

では、連休5日目、福岡県へ向かいます!

湯田温泉はこんなところです↓

湯田の名は、湯がわき出る田地からついた地名であることはもちろんです。 無色透明のアルカリ性単純泉の泉質は変わらず温度も低下せず、湯量も減らず、旅館等30有余の温泉を支え、山陽路随一の泉都を誇ります。

いつごろから湯が出たのかというと、正治2年(1200年)の国衙文書に「湯田」という地名があったことから、少なくとも810年前、むしろそれよりももっと古い時代から出ていたとも言われています。

温泉発見の伝説では、永正年間ごろ湯田の権現山の麓にあったお寺の境内にある小池に、毎晩一匹の白狐が傷ついた足をつけに来ます。不思議に思ったそこの和尚が池の水をすくってみると温かさが感じられました。そこで近所の百姓に池の近くを掘らせたところ熱い湯がわき出るとともに、薬師仏の金像が出てきたので、温泉の守護仏としてお堂を建てたそうです。この仏像を拝んで湯あみをすると難病も治る「白狐の湯」として評判となり、温泉は栄えるようになったという伝説です。

もう一つの伝説では、ひじの痛みに苦しむ大内義興のところに一人の老僧が訪れ、小壺の水を注いだところたちまち病気は回復しました。老僧は「温湯竜泉の地に住む者」と告げ、義興愛用の硯を貰って立ち去りました。その後朝倉の小堂にその硯が置かれていたので、義興は付近の小池に手を浸してみたところぬくみが感じられ、百姓を集めてそこを掘らせました。こうして温泉は発見され、大永5年(1525年)に「温湯山竜泉寺」が建立されたという縁起がそれです。

もっと知りたい方は詳しくはこちらへ

コチラ(湯田温泉旅館協同組合ホームページ)

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。