ハッキングで2900万人分の個人情報流出 フェイスブックが確認

ハッキングで2900万人分の個人情報流出 フェイスブックが確認

こんばんは。

フェイスブックが最近騒がしいですよね。

私も利用していますので、ちょっと・・・。

[12日 ロイター] – 米交流サイト大手フェイスブック<FB.O>は12日、同社が9月下旬に公表したハッキング被害で、利用者約3000万人のアカウントが不正にアクセスされ、2900万人分の名前や連絡先などの個人情報が盗まれたと確認した。

このうち1500万人は、名前や電話番号、電子メールアドレスが盗まれ、残り1400万人はユーザーネームや性別、所在地、言語、交際状況、宗教などの情報が盗まれたという。

フェイスブックでは「米連邦捜査局(FBI)がこの件を積極的に捜査しており、協力している」と述べた。犯人などの情報については触れなかった。

同社は9月下旬、外部からのハッキングで最大5000万人分の口座が乗っ取られる恐れがあると発表していた。

米フェイスブック(FB)で、新たに個人情報が流出した可能性があることが6日、明らかになった。FBは新たな情報流出のおそれを認め、「調査進行中であり、影響があった可能性があるアカウントを特定するべく動いている」と説明している。今春以降に判明した2件の情報流出とは別の問題と判断しているという。

ネット上のあるサイトに、FBの利用者の個人情報や友達とのやりとりなどが掲載されているといい、ハッカーの攻撃を受けて外部に流出した可能性がある。FBは、サイトに掲載された情報の取り下げを求めるとともに調査を始めた。FBは「利用者の方々のアカウントを保護するため、いかなる取り組みもしていく」としている。

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。