原晋(はらすすむ)さんの講話

今日は、原晋(はらすすむ)さんの講話をお伺いさせていただきました。

会社の研修の一環で講話を聞く機会をいただきました。

話の中でピンときたことについて。

長期的な計画を掲げなければいけない

青山学院の監督に就任した際のビジョンは10年で成果を出すことだったそうです。

3年目の成績が思わしく、クビになりそうになった時に、生徒の助けがあり、1年クビにならなくて住んだそうです。

生徒の助けはなぜ得られたのか?

その答えは、自己犠牲があったからだとおっしゃっていました。

生徒と寮生活を共にし、自己犠牲に加え、学生のことを本当に考え続けたことがポイントとのこと。

原晋さんはラッキーでしたね。

ここでクビになっていたら!!!??

ですね。

その点は特に触れられていませんでしたが。

残念ながら当社では、3年計画でも遅いと言われます。

成功している方は、心の中で10年計画を描いたとしても1年目でもそれなりの結果を出し、3年でかなりの結果を出している人だと思います。

自分を持ち、ぶれず、その中で部下を守りながら最大限の成果を出すことですね。

自分が動き、リーダーシップを発揮し、成果を出す。

1年目は正直、環境に期待するのではなく、自身の力で成果を出し、メンバーを引っ張る必要があると思います。

成功者の弁をお伺いすると、自身の環境に置き換えて話を聞くことにより、「考える」と言う自己研鑽ができるので良いですね。

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。