サラリーマンの不条理について 不労所得を得る必要性

サラリーマンの不条理について 不労所得を得る必要性

今日は本屋さんにていろいろな勉強をしました。

近くのコーヒーショップはツタヤと隣接しており、本を自由に読むことができます。

そこで読んだ本から感じ取ったことを共有します。

サラリーマンの不条理について

みなさんもサラリーマンの方は多いと思います。

かくいう私もサラリーマンです。

かなり私にも当てはまります・・・。

でも、それは理解し自分の生き方を整理していますので良いのですが(笑)

恐らくサラリーマンの皆さんには共感いただけると思います。

(1)時間内に仕事をきっちり片付けることができる人より、毎日遅い時間まで仕事をする人の方が認められやすい

(2)フレックスタイム制で朝早く出勤して早い時間に帰る人より、遅い時間に出勤し夜中まで仕事する人の方が優遇される

(3)特に社内発表では、内容よりもパワーポイントなどで時間をかけ綺麗に作成できる人が評価される

(4)派遣社員というだけで正規社員より大幅に給料が少ない

(5)個人の能力で会社に大きな利益をもたらしても、それに見合った収入はもらえない

(6)会社が儲かった時に最初にすることは設備費の拡大であり、減収になった時最初にするのはリストラと給与の削減である

(7)有給休暇をしっかり消化する人は評価が下がる

(8)無理をすればなんとかできる計画を掲げると人より、できもしない計画を掲げて失敗する人の方が上司は好きである

(9)上司の言う通りにして成功すれば上司の手柄となり、失敗すれば部下の責任である

(10)自分の考えを主張しないイエスマンがのし上がる

どうでしょうか?

いくつかの本を読んだ結果、私なりに感じた結論ですが、サラリーマンってある意味優遇されていますが、ある意味自由はないですよね。

例えば、平日は当然仕事をしていますが、仕事に自由が聞けば平日に観光することができます。

そうするとどうでしょうか?

ホテル代金、移動代金は平日の方が安いですよね。

ホテル代金は数倍になることもあります。

自由な人生に憧れますが、なかなかそうは行きません。

私は不労所得を手に入れるため、不動産投資に取り組んでいます。

宜しければ、当サイト内でも紹介していますのでご覧ください。

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。