損保会社が提供するドライブレコーダーサービスについて

損保会社が提供するドライブレコーダーサービスについて

さて、皆さんの車にはドライブレコーダーは付いていますでしょうか?

最近は、テレビCMでもやっていますが、新車にドライブレコーダーが付いているケースもあるようです。

何となく、ナビゲーションと似ていますよね。

以前は、ナビゲーションが付いていない車が多かったと思いますが、今は標準装備になり、気付けばスマホでもナビゲーションシステムを提供するサービスも出てきています。

ドライブレコーダーが普及したきっかけは「あおり運転」ではないでしょうか?

後ろからあおり運転をされ、高速道路で車を止められ亡くなられた方がいらっしゃいました。とても残念な話ですよね。

それ以外にも、過去に事故の経験がある方はどうでしょうか?

ご自身が青信号のはずなのに、事故の相手側も青信号と言われるケース。

証拠がないと五分五分ですよね。

それを解決するのがドライブレコーダーです。

通常はディーラーやオートバックスのような店鋪、もしくはヤマダ電機などのような電気屋さんで購入が可能ですが、実は保険会社も提供しています。

大手損害保険会社は軒並み準備をしています。

特に損害保険ジャパン日本興亜では、ドライビングと言う名前で自動車保険の特約で提供しています。

月850円ということで、年間1万円ほどですがみなさんはどのように考えられますでしょうか?

ドライブレコーダーは通常購入すると2万円ほどかかります。

機種にもよりますが、だいたい平均すると2万円から3万円だと思います。

メリットはご自身の資産となることですが、ドライブレコーダーは故障しやすいのも難点です。

何と言っても、太陽光にさらされるため、特に夏場はとても高温になります。

そのため、メーカー保証が切れてしまうと故障=買い替えとなってしまうデメリットもあります。

保険会社の提供しているドライブレコーダーはレンタルですので、故障した場合は交換が可能です。

また、イメージと違った場合、保険会社の特約の場合は特約削除をすればドライブレコーダーを返却することも可能です。

まずドライブレコーダーを使ってみようという方は、保険会社の特約を活用することを検討されてはいかがでしょうか?

その他の違いとしては、ドライブレコーダーが付いているだけではなく、損害保険会社が提供しているのは「事故時サービス」です。

例えば、損害保険ジャパン日本興亜の特約では事故時にアルソック(綜合警備保障)が現場に駆けつけるサービスを提供しています。

事故の際はとても不安ですよね。

その際に、駆けつけてくれるサービスは魅力です。

また、衝突前後の動画を自動的に保険会社へ送信するサービスもあるようです。

どうでしょうか?

まずは気楽に付けれる保険会社の特約でドライブレコーダーを付けてみてはいかがでしょうか?

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。