比嘉大吾 選手の現在は?早く復帰して欲しいですね

Pocket

比嘉大吾 選手の現在は?早く復帰して欲しいですね

こんにちは。

先日は井上尚弥選手、今は村田諒太選手と話題が尽きないボクシング業界ですね。

私個人的に好きだったボクサー、「比嘉大吾」選手の話題を最近聞くことはありません。

2018年4月14日、午後1時10分、都内のホテルで行なわれた前日計量。計量台に乗った比嘉の体重が、なかなか発表されませんでした。

重苦しい空気のなか、リミットを900グラム超過する51.7キロと発表されると、報道陣がざわめきましたよね。

2時間以内ならば、何度でも計量はできますが難しい状況でした。

記憶に新しい、今年3月の元WBC世界バンタム級王者・山中慎介(帝拳)vs.ルイス・ネリ(メキシコ)の計量で、ネリは1度目の計量で2.3キロ超過。2時間後の計量で1キロを落としましたが、超過の状態で試合をすることにない、山中選手は敗れました。

正直ネリ選手はかなり強いので同じ体重でも苦しかったと思いますが、かなり騒がれた後でしたので・・・。

それと似ていますが、実は私自身は今回、比嘉大吾選手の相手、クリストファー・ロサレス選手の強さに驚きました。

身長169cm、リーチが181cmとフライ級ではかなりの長身で、手足も長くとても強かったですね。

戦績27勝3敗18KOでしたが、手の長さを利用した左右のストレートは強くまとめてパンチを打て、ガードが高く、ディフェンスが良いです。

当て勘もいいし、打ち方も綺麗です。

私も手が短いのですが、手が長い選手が遠心力を使ったパンチはとても羨ましく感じたものでした。

相性の問題ですが、比嘉がベストコンディションであっても、ロサレスにKO負けしていたと思います。

多分。

以前、世界タイトルマッチの前に水道橋にある、スパラクーアの温泉にてご挨拶をさせていただきましたが、とても謙虚ですごい体をしていました。

ぜひ、復活していただきたいと思います!

具志堅用高さんにもきちんとサポートして欲しいですね!

こちらから「ツイッター」を拝見するとお元気そうですね。

復活を期待しています!

ブログトップへ



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

ニュースレターを購読する
メールマガジン登録はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。