資産管理をするためにバランスシートを作成しましょう

Pocket

資産管理をするためにバランスシートを作成しましょう

こんにちは、norikiart(ノリキアート)です。

今回のブログテーマとして、私がどのように資産管理をしているか公開したいと思います。

仕事上、企業の貸借対照表(バランスシート)を見る機会が多かったのですが、家計のバランスシートを数年前から作り、自分自身の資産管理を行ってきました。

今回は私自身の「バランスシート」を公開したいと思いますので参考にしていただければ幸いです。

ブログ運営の励みになりますので、大変お手数なのですが、応援の1日1クリックをよろしくお願い致します。

↓↓<応援クリックお願いします>

にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓↓<応援クリックお願いします

▼資産運用の前には固定費の見直しが必須です。その方法を知りたい方はこちら

2022年 お金の貯まる体質 に変わりませんか? こんにちは、norikiart(ノリキアート)です 年が明け、2022年も...

家計のバランスシートについて

貸借対照表(バランスシート)は、通常企業の資産や負債がどのような状況にあるかを整理する決算資料の1つです。

良く「資産〇億円サラリーマン」などの本を見かけますが、「資産」「純資産」「負債」の関係を知らないと誤解してしまう可能性があります。

資産とは

資産とは現金を始めとする、お金に変える事が出来る価値を持っている物を表します。

具体例ですが、現金は当然として、例えば、株式・不動産・車など、売却する事で現金化する事が出来る物を「資産」と呼びます。

それ以外にも、絵画や美術品などもきちんと評価出来るもの(鑑定書があるなど)であれば資産と呼ぶことが可能です。

先程もお伝えした「資産〇億円サラリーマン」の「資産」はこの意味で使われていることが多く、良く不動産投資家が使います。

資産には現金やすぐに現金化をすることができる株式などを表現する「流動資産」と、不動産のように現金化に時間がかかる「固定資産」の大きく2種類の資産があり、内訳を作っておくと、急な支出にも耐えられます。

全て固定資産に割り振ってしまうと、急な支出(例えば親の介護など)に対応できない場合がありますので。

負債とは

負債とは借り入れ(借金)をしていて、返済しなければいけない額を表します。

具体例ですが、住宅ローンやマイカーローン、奨学金ローンなどを「負債」と呼びます。

私も負債はそれなりの額がありますが、殆どが不動産投資に関わる「投資用ローン」です。

負債は一見悪いイメージがありますが、きちんと管理をすれば「レバレッジ」を聞かせることで効率的に純資産を増やすことが出来ますので、とても便利な手法と言えます。

負債にも資産と同様「流動負債」と「固定負債」がありますが、殆どが「流動負債」に該当するはずです。

純資産とは

先程の「資産」から「負債」を引いて算出します。

現金化できる保有価値から負債を引いた額が、純粋に自分の資産と言えますよね。

2,000万円の評価がされている投資用不動産を所有していると「資産が2,000万円」となりますが、1,500万円の負債があれば、純資産は「500万円」となります。

純資産=資産ー負債=2,000万円ー1,500万円=500万円 と表現します。

そのため、「資産〇億円サラリーマン」は実際に負債額を確認しないと純資産がいくらあるのかが分からないと言えます。

純資産〇億円サラリーマン」と表現している方は信頼できると思いますよ。

私のバランスシートを公開

ざっくりと表現しましたが、私はこのようなバランスシートにになりました。

私の場合、資産はもう少しで2億円となりますが、負債が8,500万円ありますので純資産は1.1億円です。

資産や負債の内訳については、また別記事で公開したいと思いますが、このようにざっくりとで構いませんので家計バランスシートを作成し、自分自身の資産管理を行うことは必要です。

また、不動産や株式などの資産は定期的に評価額を確認することはとても重要なことです。

特にマイホームをお持ちの方は、購入した瞬間に購入価格と評価額に乖離が出ますので、頭金や貯蓄が少ない場合は、資産がマイナスとなり、債務超過となるケースもありますし、都心で購入して数年経ったマンションなどは購入価格を上回るケースも出てきています。

新築、中古マンションの価格妥当性がわかる【住まいサーフィン】


皆さんも今年は「家計のバランスシート」を作成にチャレンジしてみませんか。

ブログランキングに参加しています。

ブログ運営の励みになりますので、大変お手数なのですが、応援の1日1クリックをよろしくお願い致します。

↓↓<応援クリックお願いします>

にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓↓<応援クリックお願いします

お問い合わせ

Twitterアカウントはこちら(ダイレクトメールにて)



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

ニュースレターを購読する
メールマガジン登録はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。