新電力ヘ切り替えて 固定費の削減へチャレンジ

Pocket

新電力ヘ切り替えて 固定費の削減へチャレンジ

こんにちは、norikiart(ノリキアート)です。

アーリーリタイアをし新生活をスタートしたのをきっかけに、電力を新電力への切り替えにチャレンジすることにしました。

その過程で、色々と勉強しましたので「固定費の削減」の一環としてご紹介したいと思います。

▼私の家計バランスシートを公開しています

資産管理をするためにバランスシートを作成しましょう こんにちは、norikiart(ノリキアート)です。 今回のブログテーマ...

ブログ運営の励みになりますので、大変お手数なのですが、応援の1日1クリックをよろしくお願い致します。

↓↓<応援クリックお願いします>

にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓↓<応援クリックお願いします

既存の電力会社との違い

私が新電力へ切り替えるきっかけとなったのが、引越会社のサービス(アート引越しセンターでした)で、新電力への無料切替診断を依頼したことです。

私は現在「九州電力」を利用していること、また電気を利用する地域「住所」を伝えるとお勧めの新電力会社をご紹介してくれます。

私の場合は「Looopでんき」がサービス提供可能と言うことでご紹介を受けました。

早速「Looopでんき」ホームページで、電力量削減シミュレーションを行ってみました。

まずは、検診票を準備します。

①現在ご利用中の電力会社:(例)九州電力

②電力プラン:(例)従量電灯B

③ご契約電力:(例)60A

④対象月:(例)11月

上記の4情報を入力すると、年間の概算削減額が分かります。

私は妻の両親と妻と私の大人4人暮らしとなりますので、かなり削減幅が出ました。

想定では、年間約18万円の電気代が掛かりますが、削減額が「20,645円」ですので年間電気代が約16万円となり、11.5%の削減となります。

削減効果が高くなる理由としては、「Looopでんき」には、基本料金が無く使った分だけ料金が課金される仕組みとなっています。

九州電力などの大手電力会社では「基本料金」が存在し、使用アンペア数が上がると「基本料金」も上がります。

そのため、60Aなどの大規模容量にすると「基本料金」だけで「1,782円」かかります。

それが、「Looopでんき」には基本料金がありませんので、10アンペアでも60アンペアでも料金は発生しません。

また、従量電力料金についても「九州電力」では、使用料により料金が上がる仕組みとなっています。

通常使えば使うほどお得になるような気がしますが、違うんですね。

「Looopでんき」は一定料金となっていますので、いくら使っても電力単価は上がりません。

そもそも、基本料金がありませんのでお得なのは間違いありませんが、九州エリアの場合は23.4円(税込)ですので、300kwh以上使う場合はよりお得となります。

いかがでしょうか。

年間2万円としても、10年で20万円となり無視できない金額となります。

ブログでもご紹介している、携帯電話、日経新聞などの固定費削減と合わせるとそれなりの金額となり、固定費削減効果が大きく出てきます。

▼こちらのリンクから、新電力への切替先を探すことが可能ですよ

電気料金プランを比較して電気代を今よりお安く!【電気チョイス】

ちょっとした固定費の削減の積み重ねで誰でも投資資金を捻出することが可能です。

是非、週末にでも試してみてくださいね。

ブログランキングに参加しています。

ブログ運営の励みになりますので、大変お手数なのですが、応援の1日1クリックをよろしくお願い致します。

↓↓<応援クリックお願いします>

にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓↓<応援クリックお願いします

お問い合わせ

Twitterアカウントはこちら(ダイレクトメールにて)



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

ニュースレターを購読する
メールマガジン登録はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。