王者テテ判定勝ちで準決勝進出 WBSSバンタム級

王者テテ判定勝ちで準決勝進出 WBSSバンタム級

おはようございます。

今日も八戸は良い天気ですが、徐々に寒くなってきましたね。

この早くなり方は関東圏、西日本とはやはり違います。

さて、注目の一戦が終わりました。

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)1回戦:WBO世界バンタム級タイトルマッチ12回戦>◇13日(日本時間14日)◇ロシア・エカテリンブルク

王者ゾラニ・テテ(30=南アフリカ)が判定勝ちで準決勝進出を決めました。

挑戦者となる同級6位ミーシャ・アロイヤン(30=ロシア)とのWBSS1回戦。

1回にダウンを奪った後、自らの長身を生かし、長い距離からリズムよく強烈なパンチを放地ました。

五輪メダリストでアマ経験豊富な相手の技術的な動きを見極めながら的確なパンチをヒットさせ、終盤の10回にテテ、11回にはアロイアンにもホールディングの減点1があり、そのまま試合終了。

ジャッジ3人の採点はテテが3-0(114-111、114-111、114-110)で支持された。

3度目の防衛に成功したテテは「良いファイトだった。私と12回まで戦ったアロイヤンはベストの選手の1人だと証明した。

頭のいい選手。彼が来年以降、世界王者になると信じている」と敬意を表した。

準決勝は11月3日に予定されているWBAスーパー同級王者ライアン・バーネット(英国)-元5階級制覇王者ニノト・ドネア(フィリピン)の勝者となる。

テテは「いつもバーネットと試合したいと思っている。

彼がドネアを倒すだろうと信じているよ」と口にした。

なお別ブロックではWBA世界バンタム級王者井上尚弥(25=大橋)が準決勝進出を決め、20日に予定されるIBF世界同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)-同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)の勝者と対戦することになっている。

さて、次は井上選手の準決勝の対戦相手を決める試合です。

楽しみですね!

井上 準決勝の相手米に視察へ、会長「見ておく」

ホームページトップへ

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 順当に勝ちましたね。
    けっこう小差判定に驚きました。
    優勝候補の1人ですけど、次で消えそうかな?

  2. noriki より:

    コメントありがとうございます。
    そうですね!次は厳しいかもしれませんね♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。