鹿港(ルーガン) 台湾で行列の絶えない老舗

鹿港(ルーガン) 台湾で行列の絶えない老舗

こんにちは。

ゴールデンウィークはどのようにお過ごしでしょうか?

私は東京へ来ています。

いよいよ今日が平成の最終日で、明日令和のスタートですね。

あいにくの天気ですが、ゴールデンウィーク連休の中盤、楽しみたいと思います。

さて、私が先日お伺いしたのが、世田谷線の上町駅からほど近いこちらのお店。

手作り台湾肉包、鹿港(ルーガン)です。

実家へ帰るときにはたまに食べに来ていましたが、せっかくですのでご紹介したいと思います。

いつも行列が絶えないこちらのお店。

出来立てをいただくことができますし、レジも早いのに行列が絶えないのは素晴らしいですよね。

たまに、行列を作るためにゆっくりと対応しているお店もありますから。

カレー肉まん

今回いただいたのは、新作と思われるこちら、カレー肉まんです。

カレーまんとは違う、[鹿港(ルーガン) ]オリジナルのカレー肉まん!

しっかりした味付けで、肉もたっぷり。

次回も必ず食べますね!!

餡饅(あんまん)

十勝産小豆を使用。黒ゴマの入った、あっさりとしたこしあん入り。

こちらも絶品でした。

餡饅(あんまん)

それでは、簡単にお店紹介。

日本にも伝えたい、台湾で感動した門外不出の味

台湾中部の都市「台中」からバスに揺られること一時間。 古いお寺や街並みが今も残る観光地、そこが店名の由来となった[鹿港(ルーガン)]です。 そして、その[鹿港(ルーガン)]には、訪れた人が必ず立ち寄る行列の絶えない肉包(ローパオ)、饅頭(まんとう)の老舗[阿振肉包 振味珍(ゼンウェイゼン)]があります。 独自の製法で作られた皮とジューシーな具がマッチした肉包(ローパオ)。 その味に感動し、日本に伝えたいという一心で何度も足を運び、ようやく門外不出であったその味をはじめて日本で紹介できる運びとなりました。

頬張った瞬間、餡より先に驚くのはなんと“皮”

[鹿港(ルーガン)]の肉包(ローパオ)といえば、まず頬張った瞬間に誰もが驚く皮のふわふわ食感とほのかな甘みです。 主役級並みにおいしい皮は、こねあげてから4時間じっくり発酵させて作り上げることで、きめ細やかでコシのある生地に仕上げています。 豚肉の旨み、ネギの風味、そして皮のほのかな甘さと、素材本来の味を活かすために味付けはシンプルに。 無色透明でジューシーな肉汁が、ふわふわの皮によく絡みます。

宜しければ、是非一度足を運んで見てください♪

毎日の成功体験を日記にしています。よろしければご覧ください。

過去の成功日記はこちら(リンク

また、記事の下にメルマガ登録フォームがあります。

出来る限り毎日更新を心がけているので、宜しければ購読いただければと思います。

また、バックナンバーも遂に1000記事を超えましたので、宜しければご覧ください。

明日からの仕事が、そして人生が輝きますように。

2018年8月の記事です:北海道旅行 目次(INDEX)固定ページ

ブログトップページはこちら

お役立ち情報を多数掲載しています

私のダイエット遍歴はこちら

マクロ管理法ダイエットに今はハマっています、完全無欠コーヒーダイエットも参考に

私が取り組んでいる不動産投資はこちら

中古ワンルームマンション投資を2017年から取り組んでいます。不労所得でアーリーリタイアを目指します。

ドローンに興味のある方はこちら

手軽に購入できるようになったドローン、おすすめドローンを紹介しています

#八戸 #VISIT八戸 #八戸生活 #青森県 #成功日記 #道の駅 #スタンプラリー #25周年 #東北 #STAMP #RALLY #2019



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

ニュースレターを購読する

メールマガジン登録はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。