FXトルコリラ円でスワップ金利を得る方法

こんばんは。

以前、以下の記事でアイネット証券の自動売買システムである「ループイフダン」をご紹介させていただきました。

アイネット証券のループイフダンの検証

既に取り組まれている方はいらっしゃいますでしょうか?

株式でも取り入れられている「ドルコスト法」の考え方に非常に似ていますので、私も分散投資をしていますので、それ程の高額ではありませんが、一定の利益を確実に得ています。

宜しければ、上記記事を参考にしていただければ幸いです。

さて、私は昨年末より「トルコリラ円」への投資を始めています。

円でトルコリラを購入することで、円とトルコリラの金利差があるのはご存知でしょうか?

円は日銀のゼロ金利政策をしていますが、トルコリラは2017年12月時点で8.0%です。

FXでは「ある通貨を売って、別の通貨を買うことが可能」となります。

それぞれの通貨には「金利」があります。スワップとは、売っている国の通貨に対してかかる金利を支払い、逆に買っている国の通貨に対してかかる金利を受け取ることができるというものです。

つまり、円売りトルコリラ買いのポジションを持つ場合は、
・円を売却→円の金利を支払う
・トルコリラを購入→トルコリラの金利を受け取る
という、円とトルコリラの金利を「交換」することができます。

これが「スワップ」とよばれるものです。

現在トルコリラは1トルコリラ=30円くらいですから、1万トルコリラを購入するためには、30万円が必要となります。

そうすると、どうなるか?と言いますと、1日あたり、上記のスワップにより「70円〜80円」程度の金利を受け取ることができます。

仮に1日に70円とすると、25,500円の金利を受け取ることができます。

これって凄いですよね。ただ、リスクも当然あります。

1トルコリラが=25円になってしまうと、1万トルコリラが25万円になってしまいます。

そうすると、5万円の損失が出てしまいますよね。

実はトルコリラはどんどん下落を続けています。

2014年12月には1トルコリラ=54円だったのです。

その当時購入した方は、29円の下落。すなわち、29万円の損失なんですよね。

ただ、スワップ金利により、保有し続ければ両通貨の「金利差」がある限りはいつかは29万円の損失を埋めることも可能です。

現在は30円前後まで下落しており、今年がリバウンドの年だと言われています。

自己責任ですが、チャレンジしても良いのではないでしょうか?

参考に以下記事をご紹介します。

アイネット証券のループイフダンの検証

最新の為替についてはこちらへどうぞ(トルコリラ円)

トルコリラ/円(TRY/JPY) :外国為替 | マーケット情報 | 楽天証券

人気ブログランキング

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。