【第一回副業講座】純資産が1億円を突破した 上智大学卒 アラフォーサラリーマンが副業の始め方を教えます

Pocket

【第一回副業講座】純資産が1億円を突破した 上智大学卒 アラフォーサラリーマンが副業の始め方を教えます

こんにちは、norikiartです。

今回は「純資産が1億円を突破した上智大学卒アラフォーサラリーマンが副業の始め方を教えます」というテーマでブログを更新したいと思います。

YouTubeでも音声で同じ内容を配信していますので、宜しければチャンネル登録していただければと思います。

↓こちらのボタンからチャンネル登録をお願いします。

当ブログ管理人「norikiart」のプロフィール はじめまして、そしていつも当ブログをお読みいただきありがとうございます。 ...

サラリーマンが始める副業講座

今回の副業講座は複数回に分けて講義を行う予定です。

今回は「第一回」として「固定費の見直し編」をご紹介します。

副業講座のカリキュラム

今回は「第一回」の「固定費の見直し編」をご説明します。

次回は「断捨離編」となりますので楽しみにお待ちください

第一回 固定費の見直し編

第二回 断捨離編

第三回 ポイ活編

第四回 確定拠出年金編

2020年 お金の貯まる体質 に変わりませんか? こんにちは。 今年の年末年始は、妻の実家で過ごしています。 急に帰省が決まり...

固定費を見直す必要性

手元にお金を残すためには「収入」を増やすか「支出」を減らす必要があります。
何故かというと、「収入」を増やすためには多くの「労力」が必要となるからです。
10万円稼ぐより10万円の支出を減らす方が間違いなく簡単です。
結果、「支出」を見直すことで手元にお金を残すことが可能となります。

支出の中で何故「固定費」なのか

「固定費」は一度減らすことで自動的に将来にわたり削減効果が継続します。

「食費」などの変動費を減らすことは「ストレス」にもなり長続きしません。

例えば、スーパーの買い物で今月の予算が・・・と考え牛しゃぶから豚しゃぶに変えるストレスは相当なものだと思います。

固定費の削減は「工夫」をすることで「生活水準」を大きく落とす必要がないのがメリットです。

 YouTubeで公開開始 ウェルスナビの運用実績 2021/1/14 当ブログでは、40代サラリーマンの簡単投資手法として、ウェルスナビ...

固定費を見直す際の「メリデメ」

<メリット>

毎月の「固定費」を1円でも減らせば手元に残るお金が増えます。これはシンプルですがとても重要なことで、給与所得で得たお金を残せば副業もしなくて済むかもしれません。
また、一度「固定費」を削減すれば未来永続的に「削減」することが可能です。更には「削減」により手元に残ったお金を「投資」へ回すことができますよね。

<デメリット>

「固定費」の見直しに労力がかかるということしかありません。
結局、お金が貯まらない方は「自ら動いていない」ということです。

固定費で見直すべき「支出項目」について

通信費の中心となる、スマホ代を格安スマホに切り替える必要があります。

実際にいくら削減できるかと言うと、携帯平均「6,500円」と言われていますので、私は平均値との差額は「5,000円」になります。

結果として、年間で60,000円の削減が可能となり、家族が多ければその分削減幅が広がります。

私は妻と2人分で年間120,000円の削減です。

注意点をご説明します。

・サポートがネット中心

・電話料金は別枠のためラインなどを活用

・通信速度が多少遅くなることがある

・キャリアメールアドレスが無い

おまけはこちらです

・楽天モバイルを活用すれば1年間通信費無料

・私は両親のスマホデビューで活用

・東京都内であればギガ制限無し

・端末代金も実質無料

どうでしょうか。

続きはYouTubeで配信していますので、宜しければチャンネル登録していただければと思います。

↓こちらのボタンからチャンネル登録をお願いします。

ブログランキングに参加しています。

ブログ運営の励みになりますので、大変お手数なのですが、応援の1日1クリックをよろしくお願い致します。

↓↓<応援クリックお願いします>

にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓↓<応援クリックお願いします

お問い合わせ

Twitterアカウントはこちら(ダイレクトメールにて)



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、他の記事もお読みいただければ幸いです♪

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

ニュースレターを購読する
メールマガジン登録はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。