不動産投資 | 人生を輝かせるためのブログ

不動産投資一覧

湯郷温泉 to 吉備路巡り(総社)

湯郷温泉 to 吉備路巡り(総社) 今日は湯郷温泉「季譜の里」を11時にチェックアウトし、しばらくラウンジでコーヒをいただきました。いやー、普通は宿を出る前にコーヒーは飲めないのですが、今回は2度目の訪問のため「ポイント」が溜まっていて、無料でコーヒーをいただきました。ちょっとしたお菓子もいただき、大満足です。お昼に湯郷を離れ、総社へ向かいました。向かっている途中は「吹雪」です。でも安心です。今回はレンタカーですがきちんとスタッドレスタイヤをオプションでつけていますので問題ありません。まぁそこまでは積もりませんでしたが・・・。でも、幻想的な景色です。晴れたり、雪が吹雪いたり、、、

価格ドットコム プロダクトアワード2017 総評・受賞製品一覧

今年2017年のアワードで、各部門の大賞に選出された製品の顔ぶれを見てみると、比較的高価格帯の製品が多いことに気づかされる。特に家電部門ではそれが顕著で、オーディオ部門のアップル「AirPods」、調理家電部門のパナソニック「3つ星ビストロ NE-BS1400」、空調家電部門の三菱電機「MJ-180MX」、生活家電部門の日立「ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム BD-NX120AL」、健康家電部門のダイソン「Dyson Supersonic HD01 ULF」などは、すべて同カテゴリー製品の中でも高価な部類に属する。カメラ部門のニコン「D850 ボディ」、カメラ周辺機器部門のキヤノン「EF70-300mm F4-5.6 IS II USM」なども同様だ。ある意味では、パソコンパーツ部門のAMD「Ryzen 7 1700 BOX」なども、高価な製品といえるし、自動車部門のマツダ「CX-5 2017年モデル」も高価な部類に入るだろう。 こうして見ると、2017年は、「高くても満足感の高いモノ」が高く評価される傾向にあったように思われる。